ボルドーのフットネイルはアートもパーツもなしでOK!足元から女度アップ!

10/05/2020

女度MAXなボルドーカラーのフットネイル1

お仕事などでハンドネイルが楽しめない人は、フットネイルを楽しみませんか?

セルフでフットネイルをするなら、簡単かつ存在感のある色のチョイスが重要です。

せっかく自分で苦労してフットネイルをしても、あまり見えないカラーだと悲しいですよね。

素足の季節はもちろん、冬も実はストッキングやタイツから透けて見えるからこその色気も出せます。

今回はボルドーを使ったシンプルで簡単なフットネイルに仕上げてみました!

ボルドーならワンカラーでも充分

ボルドーのフットネイル1

何気にボルドーは初めてフットネイルにしたと思います!

赤より上品でピンクより大人なボルドーは、赤系ネイルで1番色気のあるカラーですね。

足元が一気にアダルト〜な感じw

すごくお気に入りのカラーなのに廃盤になっちゃんですよね。残念だけど、まぁボルドーは自分でも調合できるカラーなので、作れば問題なし!


関連記事ジェルネイルの自作カラー混色表とメリット・デメリット

アートもパーツもなしでOKの無敵ボルドー

ボルドーのフットネイル2

いつもネイルシールとか組み合わせちゃいますが、ここは敢えてのノーアートでノーパーツ。

ただのワンカラー仕上げだけど、それがさらに女度アップと個人的には感じます!

想像してみてください。

ピンクのワンカラーやベージュのワンカラーより、やっぱりボルドーのワンカラーは破壊力ありますよね!

フットネイルはハンドネイルと違い、自分の目に入るのにやや距離があります。

なのでフットネイルは遠目でも見えるくらいの色を使うのがオススメ!

細かいアートをしても見えないので、特にセルフでフットネイルをする場合は労力と見合わないこともあります(体験済み)

ワンカラーだとさみしいと言う人は、ラメやグリッターで仕上げるといいかも!


関連記事フットネイルはラメでド派手に!ラメを埋め込むやり方と隙間の埋め方

ボルドーのフットネイル3

今回は、爪の根元の押上げを失敗しちゃいました〜押上げが中途半端だったのでしょうね。

あとファイルがけも歪んでいたので、左右とも親指がキレイな四角になっていない・・・

私は甘皮のカットはしないので、プッシャーでの押上げが傾いていたと爪の表面にこびりついた薄皮(ルーススキン)をキレイに落とせていなかったのが原因です。

だからキレイにジェルが塗れなかったのでしょうね。

ちょっと反省点が残るフットネイルとなりましたが、初のボルドーは大満足です。

セルフフットネイルを楽にするコツ

セルフでフットネイルをするって結構大変です。特に体勢がツラい・・・

今ではジェルネイルも進化してきて、ベース・カラー・トップジェルが全て1本でできるジェルも登場しています。

さらにペリッと剥がすだけでオフできるジェルも出ているので、フットネイルのオンからオフまで楽なジェルを選ぶと良いですね。

これでフットネイルもかなり楽にできるようになりました。フットネイルがキレイだとテンション上がりますよ〜!


関連記事今日からセルフネイル!おすすめの1本完結ジェルで誰でも簡単デビュー

関連記事&スポンサーリンク