デニムネイルのやり方まとめ【4種類あり】

14/03/2020

デニムネイルのやり方まとめ3

デニムは永遠の定番アイテム!カジュアルにも上品にも使えるデニムは、ネイルでも大活躍です。

本当のデニムでもいろんなデザイン展開があるように、ネイルでも様々なデニムネイルがあります。

  • ケミカルウォッシュ
  • インディゴブルー
  • カットオフ
  • ワッペン付きデニム

今回は以上4種類のデニムネイルのやり方をまとめてみたので、ぜひ試してみてくださいね!

どれも簡単!デニムネイルのやり方

自爪にするときは、プレパレーションのあとにベースジェルを塗布して硬化をしてから始めてください。

また、ジェルをピールオフできるようにしたい人は、プレパレーションのあとにピールオフジェルを塗ってから始めてください。

プレパレーションのやり方
ベースジェルの塗り方
ピールオフジェルとは?

ケミカルウォッシュデニムネイルのやり方

ケミカルウォッシュデニムネイル

さわやかなブルーが特徴のケミカルウォッシュデニムネイル。

パステルカラーとも相性が良いので、特に春夏は使えるデザインですね。


参考記事デニム柄ネイルのやり方|ケミカルウォッシュ風バージョン

インディゴブルーデニムネイルのやり方

インディゴブルーデニムネイル

濃いカラーのデニムは、シックで上品なスタイルに。赤いタグを付けることで少しカジュアルダウンさせましたが、もちろん無しでもOK!


参考記事インディゴデニムネイルのやり方

カットオフデニムネイルのやり方

カットオフデニムネイル

デニムの裾がカットされた、デザイン性の高いデニムネイルです。

トレンドのボヘミアンやボーホースタイルとも相性が良いですよ!


参考記事カットオフデニムネイルのやり方

ワッペン付きデニムネイルのやり方

ワッペン付きデニムネイル

POPなデニムネイルにするなら、ワッペンをON!

カラージェルだけで作る立体感のあるワッペンと薄めのデニムカラーでカジュアルな雰囲気に。


参考記事ジェルで描くPOPなワッペンネイルのやり方

 

以上4種類のデニムネイルのやり方をご紹介しました!

デニムネイルのやり方まとめ2

みなさんは、どれが好みですか?

デニムネイルのやり方まとめ1

デニムカラーに使ったカラーは、既製品のカラージェルでもいいし、もちろん自分で混ぜてオリジナルカラーを作るのもありですね。

実際にインディゴブルーは私自身で調合したカラーです。

色の作り方にはついては、以前まとめた記事があるので参考にしてみてくださいね。


参考記事ジェルネイルの自作カラー混色表とメリット・デメリット

デニムは色・デザインともに幅が広いので、合わせるアートも無限です。どのデニムネイルのやり方も簡単なので、ぜひ試してみてください!

関連記事&スポンサーリンク