フレンチネイルの種類を知って脱マンネリ!10種類のデザインパターンで解説

フレンチネイル10種類

2012年からセルフネイルを楽しんでいるMomoです!

フレンチネイルとは、爪の先端を白い曲線で仕上げる定番のネイルデザインですが、実はいろんな種類があるのを知っていますか?

これで脱マンネリ!

本業グラフィックデザイナーの私が10種類のフレンチネイルを難易度別に解説しています。

フレンチネイルのデザインって1種類?

フレンチネイルの種類一覧

左上の定番のフレンチネイルからはじまって、ざっと10種類!

  1. フレンチ
  2. 細フレンチ(極細フレンチやスキニーフレンチという呼び名もあり)
  3. 逆フレンチ
  4. ハーフフレンチ
  5. ストレートフレンチ(ぱっつんフレンチという呼び名もあり)
  6. 丸フレンチ
  7. ななめフレンチ
  8. V字フレンチ
  9. 逆V字フレンチ
  10. 変形フレンチ

フレンチネイルってこんなに種類があるのですね!それだけ応用がきくので楽しいアートとも言えます。

ここからは、この10種類を難易度ごとに区別してみました。

難易度別!フレンチネイルの種類

すべて私の過去のネイルで、実際にやってみて感じた難しさとデザインの採用率から区別してみました。

フレンチネイル難易度:やさしい

フレンチネイルの種類

まっすぐストレートのラインが特徴の4種類です。

  • ハーフフレンチ
  • ストレートフレンチ
  • V字フレンチ
  • 逆V字フレンチ

ラインがストレートということは、マスキングテープを使えば簡単に作れるデザインです。

そして今はそのフレンチの部分をミラーネイルにするのが大流行中!

ミラーネイルも簡単にできるので、トレンドネイルにするならこのストレート×ミラーのデザインがおすすめ。

セルフネイル初心者でも取り入れやすいデザインです!


関連記事ミラーネイルのやり方!パウダーで簡単ピカっと鏡のような仕上がりに

フレンチネイル難易度:ふつう

フレンチネイルの種類ふつう

ここから曲線が出てくるので、少し難しくなる4種類です。

  • 丸フレンチ
  • 逆フレンチ
  • ななめフレンチ
  • 変形フレンチ

丸フレンチや逆フレンチは定番のフレンチに似ていますが、フレンチラインが爪の真ん中〜下の方にあることで少し簡単。ちょっと歪んでもそこまでラインが目立たないのが特徴です。

変形フレンチはさらに歪みとか関係なし!w


関連記事レモンネイルのやり方


関連記事レースネイルのやり方

フレンチネイル難易度:むずかしい

フレンチネイルの種類むずかしい

最後はフレンチネイルの中で1番難しい2種類です。

  • フレンチ
  • 細フレンチ

やはり難しいので、自分の今までしてきたネイルを見ても、あんまり定番のフレンチネイルってない・・・採用率低めw

フレンチネイルはアンギュラー筆で書くことが多いですが、細フレンチは先端の色の部分の幅が狭いのでライン筆で書くこともあります。

どちらも色の部分が狭く爪の先端に近いので、均等で美しいカーブが必須となるので難しい!

けど仕上がりは本当にキレイ!


関連記事フレンチネイルのやり方

フレンチネイルお助けアイテム

筆でフレンチネイルを書くのが難しければ、こんなお助けアイテムもあります!

フレンチネイルのシール4

要はマスキングテープと同じなんだけど、最初からカーブになった便利なシールです。

他にも簡単にラメグリッターのフレンチネイルができるシールも。

フレンチネイルのシール1

かなり前から持っているので結構使ってるw

使い方はこんな感じ↓

フレンチネイルのシール3

ラメグリッターはプリントではなくて本物です!ちょっとラメが散らばるのが難点・・・

最後にトップジェルなどでコートしてあげれば大丈夫ですよ。

フレンチネイルのシール2

最初からキレイなカーブがあるとあっという間にフレンチネイルができるので、こういったお助けアイテムもうまく使えばいいと思います。

貼るだけマニキュアシリーズは種類も豊富なのでオススメ!

***

今回はフレンチネイルを10種類紹介しましたが、使う色や色の組み合わせでできるデザインの数は無限です。

ぜひ今までやったことのないデザインを楽しんでみてくださいね!