セルフでもジェルネイルはオフできる!爪を傷めない方法と必要な道具

13/10/2019

セルフでジェルネイルをオフする工程その

ジェルネイルはマニキュアのように簡単にオフができません。

でもジェルネイルのオフだけでネイルサロンに行くのが面倒だったり、急きょジェルネイルをオフしないといけない時ってありますよね?

ジェルネイルはセルフでもオフすることが可能です!

ただし!ジェルネイルはマニキュアに比べて持ちが良いということは、それだけ頑丈に自爪に付いているということ。

この記事では、セルフでジェルネイルのオフをするときに爪を傷めないために気をつけることと、それに必要な道具を紹介しています。

きちんとしたオフのやり方で、自爪をペラペラにしないように!

爪を傷めないでセルフでジェルネイルをオフする方法

しっかりくっ付いているジェルネイルを見ると、これって本当にセルフでもオフできるの?って思ってしまいますよね?

実は、セルフでジェルネイルをオフする方法はとても簡単です。

大切なのは「焦らないこと」

ジェルは必ずリムーバーで浮かすことができるので、ガリガリ削ったり、無理に剥がす必要な全くありません。

焦ってジェルネイルをオフしてしまうと、自爪を傷める原因となります。

ジェルネイルのオフに必要な道具

必要な道具5つと、先ほど伝えた焦らない気持ちw

  • ファイル100G
  • コットン
  • リムーバー/エタノール/アセトン
  • アルミホイル
  • プッシャー

1つずつ順番に詳しく説明していきます。

ファイルで表面(ジェルネイルのみ)を削る

セルフでジェルネイルをオフする工程その1ファイルで削る

まずファイルと呼ばれる爪ヤスリを使って、ジェルネイルの表面を削ります。

ファイルには目の粗さがあり、ジェルネイルのオフには100前後のファイルを使用します。

数字が小さくなるとさらに目が粗くなるので、80だとさらによく削れます。

この工程は、ジェルネイルに厚みがあるとオフに時間がかかるので、ジェルネイルを薄くする作業です。

注意自爪まで削ってしまわないように気をつけましょう

またジェルによっては削る必要のないタイプがあり、すぐにリムーバーを付けていいものもあります。

ただネイルサロンでジェルネイルをした場合は分からないと思うので、セルフでオフをする場合は削ることをオススメします。

ファイルでジェルネイルの表面を削ったところジェルネイルの表面が白っぽくなる程度まで優しくファイルで削ります。

ガリガリと力強く削ったり、ファイルで全部ジェルネイルを取ろうと思わなくて大丈夫です。

リムーバーを含ませたコットンを爪の上に乗せる

セルフでジェルネイルをオフする工程その2爪が乗るほどのサイズにカットしたコットンに、リムーバーをしっかり含ませます。

普段セルフでジェルネイルをされない方なら、専用リムーバーをお持ちでない人がほとんどだと思います。

この場合、エタノールやアセトン(除光液)での代用が可能です。

エタノールに関しては、使うジェルネイルによってエタノールで除去できるかどうか変わってきます。

エタノールだと全くオフできそうになければ、アセトンを使用してください。

アルミホイルで巻いて10分ほど放置

セルフでジェルネイルをオフする工程その3

アルミホイルを8cm四方ぐらいの大きさにカットします。

リムーバーがひたひたに含まれたコットンを爪の上に置いて、アルミホイルで巻きます。

セルフでジェルネイルをオフする工程その4

アルミホイルをねじってもいいし、折り畳んでもOK。

肝心なのは、指とアルミホイルに隙間ができないようにアルミホイルを巻き付けることです。

このまま5〜10分放置します。可能であれば、1本ずつでなくても両手まとめてオフしても大丈夫です。

ジェルネイルが浮いているのが確認できたらプッシャーを使って取る

セルフでジェルネイルをオフする工程その55〜10分後。アルミホイルを開いてみると、ほら!自爪にしっかり付いていたジェルが浮き上がってきました。

この状態がオフできるよ!というサインです。

必ずこの状態になってからオフするのが、セルフでジェルネイルをオフする時に自爪を傷めないコツです。

まだジェルネイルが浮いてなければ、もう1度アルミホイルを巻いて放置しましょう。

もしくはリムーバーが足らない可能性もあるので、追加してからアルミホイルを巻きます。

セルフでジェルネイルをオフする工程その6プッシャー(なければメタル製の硬いもの)を使って、キレイにジェルネイルを取り除いていきます。

もしまだジェルネイルが爪にくっ付いている感じがあれば、慌てずもう1度アルミホイルに包んで数分待ちましょう。

特にフレンチデザインなど、ジェルの厚さが出やすい先端は根元に比べて、ジェルが浮いてくるまで時間がかかることがあります!

ジェルネイルがオフできたら

オフしたあと、引き続きセルフで新しいジェルネイルを付ける場合は、爪の表面を軽くスポンジファイルで滑らかにします。

そして爪に残っているダスト(削ってできた粉)はしっかり落としてから、新しいジェルネイルを付けましょう。

ダストブラシではらってから、さらにエタノールを含ませたキッチンペーパーで、しっかりダストを落とします。

ダストが残っているとリフトの原因になるので、必ず行ってくださいね。

このままジェルネイルを付けないのあれば、手指をしっかり保湿してくださいね!

特にエタノールやアセトンを使うと手指が乾燥するので、ジェルネイルをオフした後はハンドクリームやオイルでしっかり保湿してあげることが大切です。

ピールオフできるジェルネイルもあり

最近では、ぺりっと剥がすようにジェルネイルがオフできるピールオフジェルと呼ばれるアイテムがあります。

コットンをカットして、リムーバーを含ませてアルミで巻いて・・・という工程が一切必要ないので、とってもオフが簡単になりました!

少しジェルネイルの持ちが変わってきますが、オフは劇的に楽になるので、セルフでジェルネイルを楽しむハードルがうんと下がりました。

私もピールオフできるカラージェルや、ベースジェルの前に塗るタイプのピールオフクリアジェルなどを使っています!

簡単にジェルネイルをオフしたい人や、アセトンを使いたくない人には特にオススメ!

実際に使ったレビューを書いているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ネイル隠しアイテムも登場

急きょとは言え、たった1日のためにジェルネイルをオフしたくない人のために、いろんなネイルを隠すアイテムや方法もあります。

こちらもセルフで簡単にできるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事カモフラネイルとは?ネイリストさんおすすめのネイル隠し方法とアイテム

関連記事&スポンサーリンク