ニベアの青缶で爪パック!乾燥やささくれを保湿してネイルの映える指先に

ニベアの青缶を使った爪パックのやり方3

手や爪の乾燥は冬に限らず、夏の冷房や食器洗いの洗剤による乾燥もあるので、今や年中乾燥対策は必要と言えます。

某高級化粧品と成分が同じと言われ一時期爆発的人気となったニベアの青缶。

こってりとしたクリームが特徴なので、ハンドケアにももってこいの保湿クリームです。

かわいいネイルをしたあとは爪回りもキレイにケアしてあげませんか?

ニベアの青缶を使った爪パックのやり方とビフォアアフターを実際の写真で紹介しています。

ジェルネイルの持ちに乾燥は関係あり

爪パック前の乾燥した手指

こちらが現在の私の爪回りです。ニベア青缶の爪パック前の状態です。

乾燥がひどく、ささくれや小爪が目立ちますね。皮膚が乾燥して白くなり剥げたようになってしまいました。

実は乾燥はジェルネイルの持ちにも影響があると言われています。

乾燥してしまうことで爪が弱りハリがなくなってしまうため、ジェルネイルが浮きやすくなるのです。

せっかくジェルネイルをしたなら、しっかり長く持たせたいですよね!

ジェルネイル前の保湿ケアは厳禁

ただし!

ここで1つ注意点。

ェルネイルの施術前の保湿ケアはNGです!

油分のある保湿剤はジェルネイルを弾いてしまうので、これもジェルネイルの持ちに大きく影響します。

乾燥対策はマストですが、ジェルネイルの施術後に行なうということを覚えておいてください!

ニベアの青缶を使った爪パックのやり方

ニベアの青缶

こちらが私がずーっと愛用しているニベアの青缶です。

169gの大容量で500円前後というプチプラのアイテム!

日本⇔海外の移動にも持ち運んでいるので、もう傷だらけ。とにかく減りませんw

今回は爪の保湿に使いますが、スクワランやホホバオイル配合で全身に使えます。このニベア青缶1つあれば本当に便利ですね。

では爪パックスタート!

甘皮周辺にクリームを乗せる

ニベアの青缶を使った爪パックのやり方1

乾燥の激しい爪回りに集中して、ニベアの青缶クリームを乗せていきます。

爪回りの溝にニベアの青缶を埋めるようにパックする

ニベアの青缶を使った爪パックのやり方2

そしてクリームを爪回りに揉み込むように塗っていきます。

写真のように爪回りの溝にクリームがキープできるのは、ニベア青缶のこってりとしたテクスチャーならでは。

こうすることでパックができます。

ニベアの青缶を使った爪パックのやり方3

液ダレすることもないので、私はいつも寝る前にこの爪パックを行ないます。

この状態でそのまま寝ちゃいます!

指の腹にクリームを塗らないので、スマホなど物を触ってもベタベタしないのがいいですよ!

翌朝ふっくらとした指先に

爪パック施術後

寝ている間にクリームが浸透して、翌朝には爪回りがふっくらとなりました!

もちろんパックしたからと言って剥げてしまった皮膚が再生するわけではありません。

ただ乾燥で白く浮き上がっていた皮膚が落ち着くので、見た目の変化は感じられますよ!

ビフォアアフターの写真↓

爪パックビフォアアフター

ニベア青缶パックの匂い

ニベアの青缶はずっと愛用していますが、実は私、このニベアの匂いが苦手なんです・・・

耐えられない匂いというわけではないのですが、ニベア独特の匂いがします。

調べてみると、どうやら花の香りを参考に作られたニベアオリジナルの香料のようですね。

これが好きな人も多いようですが、苦手な人も私含めいるようです。

使用前に気になる人は、店頭でサンプルなどで匂いを確認してみることをオススメします。

いろんな爪専用パック

レビュー|初めてのネイルパック!1

今ではジェルネイル人口も増えてきたので、爪専用のパックというアイテムも増えています。

ジェルネイルでキレイな指先になったら、爪回りのガサガサや乾燥も気になりますよね!

手元は毎日駆使する箇所でもあるので、しっかりケアして労ってあげましょう!

PINOA ホットネイルパック

ネイルサロンのハンドケアでおなじみのパラフィンパックが自宅でできるアイテムです。

お湯を使い、指先を温めることで血行を促進、保湿やささくれ・甘皮予防に使えるPINOAのホットネイルパックです。

 

爪自体が弱ってしまっている人は、爪の補修剤の方がオススメです。

別記事で詳しいレビュー記事をまとめているので参考にしてみてくださいね。

関連記事&スポンサーリンク