ジェルで描くペイズリー柄ネイルのやり方

20/05/2016

今年の夏はバンダナブームが止まりませんね!ネイルにもしてみたいんだけどセルフだと難しそうと思って、少し前に簡単に描けるバンダナ柄のやり方をアップしています(⇒バンダナ柄ネイルのやり方

こちらは、ほぼドット棒を使ってドットで仕上げるバージョンですが、せっかくなので今回はちゃんと筆でペイズリー柄を書いたバンダナ柄もやってみましたー!

 

スポンサーリンク

手書きペイズリー柄ネイルのやり方

ベースにカラージェルを塗布して、硬化する

ジェルで描くペイズリー柄ネイルのやり方1

前回はベースに赤を使ったのですが、今回はダークなネイビーにしてみましたよ。

 

ライン用のジェル筆で勾玉を2つ描いて、硬化する

2ジェルで描くペイズリー柄ネイルのやり方2

このね〜勾玉のバランスが難しい!右側はもはや勾玉ではない(笑)でも書いちゃったし硬化しちゃったし、これで進めますw

ちなみにジェルはライトで硬化するまで、何度も取り除くことができるので、失敗したと思ったらキッチンペーパーなどにエタノールを取り、拭き取ってあげてくださいね。

 

勾玉ラインを2重にして、硬化する

ジェルで描くペイズリー柄ネイルのやり方3

ラインがふにゃふにゃですが、後にドットを描くので気にしなくて大丈夫です。そういえば2つの勾玉の大きさが違いますが、同じ大きさでもいいと思います。

もし最初に書いた勾玉と勾玉の間に既にスペースがない場合は、勾玉の内側にラインを引いて2重にしてあげるといいですよ!

 

花など植物の絵を描いて、硬化する

ジェルで描くペイズリー柄ネイルのやり方4

勾玉2つの中と勾玉の外のスペースに、花や花と茎などを描きます。ここは色んなバージョンがあって、単なるドットや四角、さらに小さい勾玉などが書かれているペイズリーを見ますが、お花が1番簡単でカワイイと思います♪

 

勾玉のラインにドットを描いて、硬化する

ジェルで描くペイズリー柄ネイルのやり方5

これで一気にペイズリー柄になりました!ドットではなく、手書きで半円を描くペイズリー柄もよく見ますが、やっぱりドット棒の簡単さにはかなわないかなw

 

トップジェルを塗布して硬化、完成!

ジェルで描くペイズリー柄ネイルのやり方6

手書きでペイズリー柄を仕上げるのに、結構試行錯誤しました(苦笑)でも今日お伝えした書き順が1番バランスが取りやすく、そして1番簡単でカワイイ仕上がりになるかと思います!

 

ジェルで描くペイズリー柄ネイルのやり方7

ただやっぱり、もうちょっと勾玉を曲げて書いてあげなきゃでしたね〜(汗)

 

ジェルで描くペイズリー柄ネイルのやり方8

また勾玉の外側のラインとドットを違う色にしたり、お花の色を変えてあげると雰囲気が変わります!応用が効きそうなペイズリー柄なので色々楽しめそうですよ♪

 

<その他、オススメ記事はこちら♪>