ホワイト系ニュアンスネイルのやり方|パーツで仕上げる簡単アート

ホワイト系ニュアンスネイル7

くすみカラーの多いニュアンスネイル。でも夏はもう少し明るめのカラーを使いたいところ。

使うカラーやパーツなどを選べば、夏でもニュアンスネイルは楽しめますよ!

ニュアンス感の出やすいホイルやシェルなどのパーツを使った簡単ネイルアートのやり方を紹介しています。

季節に合ったアイテムで、トレンドネイルを楽しんでみましょう!

ホワイト系ニュアンスネイルの下準備

自爪にするときは、プレパレーションのあとにベースジェルを塗布して硬化をしてから始めてください。

また、ジェルをピールオフできるようにしたい人は、プレパレーションのあとにピールオフジェルを塗ってから始めてください。

プレパレーションのやり方
ベースジェルの塗り方
ピールオフジェルとは?

ベースにカラージェルを塗って硬化する

ホワイト系ニュアンスネイル1

夏のニュアンスネイルにも使えるおすすめカラーが、このネイル工房カラージェルのバニラです。

ホワイト系カラーだけど程よいくすみのある絶妙な色。真っ白でもアイボリーでもない色は、夏でも重すぎない色味でニュアンス感もたっぷり。

ニュアンスネイルにはブラウンなど割と濃い色が使われますが、やっぱり夏は涼しげなカラーを使いたいですよね!

ゴールドのホイルを乗せて硬化する

ホワイト系ニュアンスネイル2

カラーが決まったら、ニュアンスネイルに欠かせないアイテム「金箔」とも言われるネイルホイルを使いましょう!

普通のカラージェルにはない輝きや立体感が簡単に出せるので、ホイルは1つ持っていると応用がききますよ。

このネイルアートも同じ金箔を使っています↓

ニュアンスネイルのやり方3

詳しいやり方はこちら
ニュアンスネイルって実はセルフで1番簡単?とにかく自由にポンポンしよう!

ホワイトのクラッシュシェルを乗せて硬化する

ホワイト系ニュアンスネイル3

夏にピッタリのシェルを乗せます!

シェルの偏光感はニュアンスネイルにピッタリの雰囲気が出せるので、カラージェルやホイルとはまた違ったアートを作ることができます。

以上のホワイト系カラージェル・ゴールドのホイル・ホワイトのクラッシュシェルの3点を使えば、夏でも重すぎないニュアンスネイルのできあがり!

ゴールドとシェルの組み合わせは夏の定番でもあるので、ベースに使うカラー次第で夏のニュアンスネイルになりますね。

ストーンやパーツを乗せて硬化する

ホワイト系ニュアンスネイル4

ここまでの3つのアイテムで終わらせてもいいのですが、ちょっとキラリと光らせるためにストーンやゴールドのリングパーツなども追加。

異素材が増えるほど奥行きのある不思議なアートになります。

ゴールドのホロを散らして硬化する

ホワイト系ニュアンスネイル5

最後に小さなゴールドのホロを散らして乗せます。

ホロはその小さなサイズを活かしてネイルアートにアクセントを付けることができるので、ホロも持っていると便利ですよ!

ホロは散らすだけのアートではなく、もちろんラメと混ぜるとネイルカラーとしても使えます。

フットネイルはラメでド派手に!ラメを埋め込むやり方と隙間の埋め方4

クリアジェルに好きなラメやホロを混ぜてラメジェルを作れば、カラージェルのように使うことができます。

ラメジェルの作り方はこちら
ラメグラデーションのやり方

ホワイト系ニュアンスネイルの完成

ホワイト系ニュアンスネイル7

トップジェルを塗って硬化したら完成!

夏でも取り入れやすい涼しげなホワイト系ニュアンスネイルができました。

ネイル1本だけでもこのネイルアートをするとアクセントになりますね。

ホワイト系ニュアンスネイル

どれもプチプラアイテムなのでぜひ使ってみてください!

ほかにもいろんなニュアンスネイルをまとめてみたので、お気に入りのネイルアートを探してみてくださいね。


関連記事大ブームのニュアンスネイルとは?決まりのないやり方で差異を楽しむ

関連記事&スポンサーリンク