話題の艶まるをレビュー!ノーワイプトップジェルのセミハードの実力とは?

03/10/2019

レビュー|ジェルネイルのノーワイプトップジェル艶まるの粘度にビックリ!1

ずっと気になっていたネイル工房さんで発売されているノーワイプのトップジェル艶まるを購入してみました。

結論から言うと、これがすごく使いやすい!

話題の艶まるをレビュー!ノーワイプトップジェルのセミハードの実力とは?4

艶まるの説明にもセミハードと書いてあったので、使う前からその粘度の高さに期待していたのですが想像通りの粘度。

さっそくこの艶まるを自爪に使ってみたので、塗り心地・ツヤ・ニオイなどについて説明します。

ノーワイプトップジェルの艶まるとは?

セルフでジェルネイルをする人にとっておなじみの、ネイル工房さんで発売されているノーワイプトップジェルの艶まる。

セミハードタイプのジェルで強度があるため、表面に傷がつきににく、ツヤを維持することができるのが特徴ですね。

補強にもなるので、ソークオフのトップジェルより先端から欠けるリスクを軽減してくれます。

トップジェルはセミハードが使いやすい

今までは同じネイル工房さんで発売されているプレミアムシリーズのトップジェルを使っていました。

話題の艶まるをレビュー!ノーワイプトップジェルのセミハードの実力とは?1

このプレミアムシリーズも使いやすく、ツヤもキレイで気に入ってたので、ずっとリピートしていました。

ただ1つ感じていたのが、ジェルの粘度。少し柔らかいのです。

ジェルが横に流れてしまうことがあり、リフトの原因になっていました。

以前、大人気のネイリストMananailsのManami先生が、トップジェルにはセミハードを使っている(Presto トップジェル(セミハードタイプ))と言っていたのを覚えています。

そうか〜トップジェルはセミハードがいいんだなとずっと思っていたので、今回ついに試すことができました!

よく考えれば私のセルフネイル歴で初めてのセミハードのトップジェルかも。

粘度の高いジェルの塗り心地は?

艶まるは本当に粘度が高い!その感想につきます。

見てください!筆ですくったジェルがなかなか垂れ落ちません。

話題の艶まるをレビュー!ノーワイプトップジェルのセミハードの実力とは?2

そしてプレミアムシリーズのトップジェルがこちら。

話題の艶まるをレビュー!ノーワイプトップジェルのセミハードの実力とは?3

ジェルの滴り具合が違います。
先ほどの艶まるほど、ジェルをハケに維持することはできませんでした。

この比較からもわかるように、艶まるは粘度が高いです。

となると心配なのが、もしかしてジェルが塗りにくいのでは?

でもこれは問題ありませんでした。確かに艶まるは少し塗るときにゴワゴワしますが、ハードジェルではないのでそこまでの粘度はありません。

なのでセミハードがちょうどいいのでしょうね!

この粘度ならパーツの埋め込みもしやすいと思います。

セミハードのデメリット

艶まるは粘度が高いことから、今まで使ってきたプレミアムシリーズより大量にジェルを塗布してしまう可能性があります。

どうしてもボトルから刷毛でジェルを取るときに、多めにジェルが取れてしまうのだと思います。

もし多めにジェルを塗ってしまうと、硬化熱を感じる可能性があるので気をつけなければいけません。

またこの艶まるは、初めから少し黄ばみがあるようですね。
セミハードのジェルにしたからならではの問題のようです。これは仕方ない!

黄ばみが気になる人は、プレミアムシリーズの方がおすすめです。

実際に艶まるを使ってみた感想

艶まるは、プレミアムシリーズと比べて少しだけ塗りにくくになります。

それはセミハードゆえですが、セルフレベリングがあるのでネイルの表面は平らに仕上げることができますよ。

ニオイや黄ばみは私は全く気になりませんでした。
ツヤもプレミアムシリーズのトップジェルと同じように出ます。

実際に艶まるを自爪に使ったネイルデザイン↓

ネオレオパード柄ネイルで夏と秋のアートを両方取り込んだデザイン4引用:ネオレオパード柄ネイルデザイン

ネイルの表面を触ると、強度があるのがわかりますね。

ツヤツヤ、カチーン!って感じw

艶まるの全体的な印象としては、プロ用のキャンジェルに似ていますね。それがプチプラなので、うれしい限りです!

今までトップジェルが横に流れてしまってリフトしやすかった人や、いつも先端から欠けてしまう人などは、艶まるのようなセミハードをぜひ試してみてください。

持ちが良くなるかも!

関連記事&スポンサーリンク