Myネイル|春のパステルイエローとレースのデザイン

21/01/2020

Myネイル|春のパステルイエローとレースのデザイン1

前回のネイルからほぼ1ヶ月経ち(前回記事⇒Myネイル|ベージュのシンプルなオフィスネイル)、根元が伸びてきたので新しくしましたー!

今回は春に向けたパステルイエローと、最近練習していたレースの組み合わせに。
イエローだけだと単調なので、白のレースを組み合わせたデザインで、春らしい爽やかな仕上がりです。

引き締め色としてゴールドのラインを引けば、ぐっと大人っぽく上品になりますよ!

春のネイルに使いたいイエローの取り入れ方

私は色の資格を持ち、いつも色を使ったお仕事をしているので、たまに「このお肌とこのネイルの組み合わせはもったいないなぁ」って思ってしまうことがあります。

特にパステルカラーは使い方によっては、幼く見えてしまうことも。

またパステルカラーの色味によっては指先の血行が悪く見えてしまうこともあるので、自分のパーソナルカラーなどから似合うパステルカラーを選ぶ必要があります。

・・・ってそんなの分からない〜って人におすすめなのが、全部の爪にパステルカラーを使わないこと!

私は自分のパーソナルカラーが春または秋でイエローベースなので、イエローは少し赤味がかったイエローの方が肌に合います。

ただ手元にあるイエローのカラージェルが割と純粋なイエローw

ということで全部の爪には使わず、白と組み合わせることで指先をキレイに見せることができます!

Myネイル|春のパステルイエローとレースのデザイン1

白のネイルはパーソナルカラーに関係なく、肌のトーンをワントーン明るくみせてくれ、血行良く見せてくれる優秀カラーです。

なのでIKKOさんはいつも白のフレンチを取り入れているんですよね。

レースのデザインでパステルの持つやわらかい雰囲気に合わせる

パステルカラーは春らしいやわらかい雰囲気なので、白はレースのデザインでフレンチに仕上げてみました。

レースのやり方はとても簡単で、練習ではレースは3連でしましたが、私の自爪だとスペースが少ないので2連にしてみましたよ!

やり方は以前紹介してますので、興味のある方は見てみてくださいね。

今回レースを描いた時、ベースのクリアジェルの未硬化ジェルが残っていたせいか、ちょっと滲んでしまってキレイにグラデーションが描けませんでしたけどねw

よく考えたらチップでレースの練習をしていた時は、ベースジェルなしで描いたので滲まなかったのでしょうね〜反省!

なので自爪にする(ベースジェルやベースにカラージェルを塗る)場合は、未硬化ジェルをエタノールなどで拭き取ってから描いてあげると描きやすかったかも!

ゴールドの差し色で引き締め効果

パステルのイエローで仕上げたハーフフレンチの境目には、ゴールドのラメライン。
そしてメタルパーツ、パール、パステルグリーンのストーンの3つを乗せてみました!

ゴールドが入るだけで、ぐっと大人っぽく上品な雰囲気になりましたね。

かわいい柔らかい雰囲気に仕上げたい場合は、シルバーで仕上げるとまた雰囲気が変わりますよ!

写真は撮ってないのですが、反対の手はパステルピンクのハーフフレンチにして、レースは断念w

最近、左右違うネイルデザインをするのが流行っているようなので、私も左右バラバラにしていみました。

ただかけ離れたデザインではないので意外と統一感があるかも?

今回は10本全て根元がクリアなデザインにしたので、爪が伸びてきてもあんまり目立たないからまた1ヶ月くらい持ってくれるといいな〜

春は本当にパステルカラーが映えますね!

関連記事&スポンサーリンク