ネイリストさんから学ぶ!長持ちするフレンチネイルのコツ

最終更新日:2016/07/24 ジェルネイルの工夫・豆知識

先週アップしたMyネイル|シンプルなピンクハーフフレンチ♡ですが、実際に手にしたのはもう3週間ほど経ちます。しかもその間、荷造りやら何やらで手先を駆使しまして、見事にリフトしました(涙)

 

パッカーン!

ネイリストさんから学ぶ!長持ちするフレンチネイルのコツ1

もうジェルネイルの道具をスーツケースに入れてしまったのですが、しぶしぶリペアしました・・・

 

普段、私はハンドのジェルネイルは3週間ほどの周期で新しくしていますが、今回は国内国外の移動があったため1ヶ月以上長持ちさせたくて、根元がクリアなので爪が伸びても気にならないハーフレンチにしました。

このフレンチについて友人のネイリストさんからなるほど!なコツを教えてもらいましたよ♡

 

1ヶ月以上フレンチネイルをキレイにキープするコツ

まずは何もジェルをしていない状態で、爪の説明から。

ネイリストさんから学ぶ!長持ちするフレンチネイルのコツ2

爪先の白い部分(指のお肉にくっ付いていない部分)とピンクの部分(指のお肉にくっ付いている部分)の境目を「イエローライン」と呼びます。

 

普通のフレンチの場合、このイエローラインより少し下にフレンチラインを引きます。

ネイリストさんから学ぶ!長持ちするフレンチネイルのコツ3

こんな感じですね!確かにこの場所にフレンチラインを引けば完璧なフレンチとなりますが、爪が伸びたら?たちまちそのバランスが崩れてしまいます。しかもフレンチの下からイエローラインが見えてしまうということにも(涙)

 

ということでネイルサロンではお客様の周期に合わせて、あえてもう少し下にフレンチラインを引いて、1ヶ月以上経った後でもキレイなフレンチネイルになるようにするそうです!

ネイリストさんから学ぶ!長持ちするフレンチネイルのコツ4

こんな感じで、少し深めにフレンチを入れてあげることで、ネイルサロンに行った日から数週間だけの美しさではなく、1ヶ月以上キレイな指先になるように工夫してるんだとか。

 

ネイリストさんから学ぶ!長持ちするフレンチネイルのコツ5

もちろん3週間周期でネイルサロンに通える方はわざわざ深めにフレンチを入れる必要はないですが、いつも1ヶ月以上ジェルが長持ちする方や、今回の私のようにしばらくジェルが出来そうにない人などには、役立つ裏技ですよね♡

ネイルサロンではセルフジェルと違って、現場ならではの工夫がたくさん詰まっています。また色々教えてもらったら、セルフネイラーの皆さんと共有したいと思います!

 

 

シェアする
 

スポンサーリンク



他にもこんな記事が読まれています♪

ラメやグリッターの保存方法2

ラメやグリッターの保存方法

随分前に購入したゴールドのラメというかグリッター。ちなみにこのラメとグリッターという呼び方の違いです

記事を読む

オーバルストーン風のパーツ作成

メリークリスマス★昨年の今頃は、赤と緑のクリスマスネイルをしてたな〜・・今年は自分のネイルチェンジの

記事を読む

プロ直伝!ネイルのラインテープの便利な保存方法1

プロ直伝!ネイルのラインテープの便利な保存方法

なかなか使いこなせないネイルのアイテムの1つがラインテープ。幅1mmでセロハン紙みたいに薄くて軽いか

記事を読む

ネイル用じゃないオーバル筆?!

前に持っていた筆先に丸みを帯びているオーバル筆(ラウンド筆とも言います)を、3Dジェルアート用に筆先

記事を読む

ジェルネイルのコンテナジャーとハケのメリットデメリット1

ジェルネイルのコンテナジャーとハケのメリットデメリット

ほとんどのベースジェル、トップジェル、カラージェルには、コンテナ(ジャー)に入ったものと、マニキュア

記事を読む

       
     
スポンサーリンク
  • 自分でも自宅でジェルネイルを楽しみたいと思い、2012年からセルフネイラーになったMomoです。「セルフネイルブック」と称して、基本のテクニックから流行アートデザインのやり方などをまとめています。さらに詳しく⇒サイトについて

    お問い合わせフォーム

    にほんブログ村 美容ブログ セルフジェルネイルへ

    Instagram
PAGE TOP ↑