カーキや茶色のジェルカラーの作り方

13/05/2019

今年の冬ネイルに1度はカーキや茶色などのアースカラーを使いたいな〜と計画中!

そういえばカーキ色のジェルって持っていないので、今日はカーキ色の作り方をまとめてみました。

もちろんカーキ色のカラージェルを既にお持ちの方や、緑のカラージェルをお持ちの方はそれに黒を混ぜるだけでいいですが、ここでは基本の3色「赤・黄・青」を使ってカーキを作ります!

この基本の3色あれば、だいたいの色が作れるんですよ♪

 

スポンサーリンク

必要なカラーは基本の「赤・黄・青」

カーキや茶色のジェルカラーの作り方1

以前も書きましたが、この3色と白と黒の合計5色があれば、基本どんな色も作れます!

ただし偏光カラーやネオンカラー、メタリックカラーなど特殊な色はもちろん作れません。(過去記事⇒三原色でカラー作りが無限に!

 

はじめに緑色を混ぜて作る

まずは緑を作ります。使う色は「黄+青」。

カーキや茶色のジェルカラーの作り方2

アルミホイルやパレットの上に適量のカラージェルを取って混ぜていきます。

私はスパチュラを使っていますが、つまようじなどで混ぜるのもOK!

ジェルブラシで混ぜるプロのネイリストさんもいますが、私は筆のためにもスパチュラを使っています。

カーキや茶色のジェルカラーの作り方3

これで緑のジェルカラーが完成です!

この状態で、次に混ぜる色が・・・・・?

 

簡単!これで茶色が完成

カーキや茶色のジェルカラーの作り方4

です!

 

カーキや茶色のジェルカラーの作り方5

赤を入れることで茶色がかった緑になります。

最近のカーキ色の定義は幅が広いのですが、私の使いたいカーキはこれぐらいミリタリーっぽいものです。

使いたいカーキに合わせて、赤を足して調節してください。

 

緑に赤を足すことで、カーキからどんどん茶色になりますので、赤をたくさん入れれば茶色が作れるということです。

カーキや茶色のジェルカラーの作り方7

これに白を足せばベージュも作れます。色って面白いですよね♪

 

もしもっと黄色っぽいカーキがいいということであれば、先ほどのカーキに黄色を混ぜれば明るくなりますよ!

カーキや茶色のジェルカラーの作り方6

一応カーキの定義としては、黄色に茶色の混じったくすんだ色ですね。別名、枯れ草色。

あと明暗は白や黒を足せば変更できるので、お気に入りのカーキ色を作ってみてください♪

他にも今日使った3色を使えば、紫・オレンジ・ピンクも作れます。

カラージェルの組み合わせで作れる色については、過去記事にも書いてますのでぜひ参考にしてみてくださいね!

ジェルネイルの自作カラー混色表とメリット・デメリット

 

<その他、おすすめ記事はこちら>