パーツ作りに必要な道具

16/01/2019

今回初の盛り盛りネイルを自爪にしてから、しばらく私の中で盛り盛りネイルブームが続きそうですw

バレンタインということもあって、今はトリュフのチョコレートのパーツ(大きさ約6mm)をしていますが、そのトリュフパーツの中身を公開&パーツ作りに必要な道具をまとめました。作り方はtati先生のジュエリーボールを参考にしたので、作り方は割愛します♪

 

ビルダージェルとピンセット

170215セルフジェルネイルパーツ作り03

ネイル工房さんのビルダージェルと、先生は爪楊枝を使っていましたが私はピンセットを使用しました。

 

ビーズ(100均で購入)

170215セルフジェルネイルパーツ作り01

よく見ると、ビーズの大きさがバラバラ・・・・・

170215セルフジェルネイルパーツ作り02

このビーズがトリュフの中身!形がいびつなせいかトリュフもまんまるではないw

でもパーツの中にビーズを使うのはアイディアだな〜って思いました。きっとクリアジェルや3Dジェルなどでもできると思うのですが、直径5〜6mmのボールを作ろうと思ったらたくさんジェルを消費しますもんね。

やっぱりサロンという現場で働いてるからこそ原価や時間短縮などへの配慮の上のアイディアだと思います!さすが先生!

 

このビーズをピンセットにぶすっと刺してビルダージェルに落として、ジェルでビーズをコーティングするようにしてパーツを作っていきます。私は爪楊枝だとうまくできなかったのでピンセットを使用。

170215セルフジェルネイルパーツ作り04

工作用の頑丈なものですw

170215セルフジェルネイルパーツ作り05

先がくの字になってるのもあって、ビーズをジェルに入れたあと持ち上げやすかったです!

 

この道具を使って、あとはカラージェルやラメなどのアイテムを組み合わせれば、いろ〜んなバージョンのパーツが作れそうです♪次はビジューネイルにしたいと思ってるので、ラメかグリッターでパーツを作ってみたいと思いまーす♡

 

関連記事&スポンサーリンク