ジェルネイルの前にやってはいけないこと

09/09/2019

ジェルネイルの前にやってはいけないこと

ジェルネイルの持ちは、セルフネイラーに限らず、ジェルネイルをするすべての人の永遠のテーマかもしれません!

今日はプロのネイリストさんが教えてくれた、ジェルネイルをする前にほんの少しのことを気をつけるだけで、ジェルの持ちがよくなる2つのことをご紹介します。

どちらも日常生活において何気ないことなので、誰でも取り入れられると思います。

ぜひセルフでジェルネイルを楽しんでいる人は実践してみてくださいね!

プロのネイリストさんから聞いたジェルネイルをする前にやって欲しくない2つのこと

たった2つのことで、あなたのジェルネイルの持ちがうんと良くなるかもしれません!

その1.  ハンドクリームを塗らない

よくネイルサロンに来店されるお客様の中に、カサカサ肌が気になりハンドクリームを塗って来られる方がいるようです。

手をネイリストに預けるので、もちろん良かれと思ってハンドクリームを塗ってきてくれているのは嬉しいと言っていました!

ただ、この「ハンドクリームを塗る」ということがジェルネイルの持ちを悪くする原因の1つだとか。

ハンドクリームは油分が多いので、その油分がジェルを弾いてしまい、ジェルネイルを浮きやすくしてしまいます。

なのでジェルネイルをする前は、どれだけカサカサ肌が気になっても、まずはジェルを付けて完成させてから、それからハンドクリームで保湿してあげるといいみたいですよ。

その2. お風呂に入った直後にしない!

これは特にセルフネイラーに言えることかと思いますが、自宅で自分でジェルネイルをする時、お風呂に入ってからゆっくりネイルしよ〜って気持ちになると思います。

でも湯船に使って、手指がふやけるほど長風呂した後にジェルネイルを付けると、今度は水分が邪魔をしてジェルネイルが浮きやすくなる原因になるとか。

衛生面も考えて、お風呂に入ってキレイにしてからとか、ジェルネイルをした後にすぐ寝れるようにとか気持ちはよくわかるのですが、長風呂をした場合は、手のふやけが戻ってからジェルネイルを付けるといいそうです。

ジェルネイルの天敵は油分と水分

この2つに関しては、各ネイリストさんの見解の違いもあるかと思いますが、せっかくしたジェルネイルなので少しでも持ちが変わるなら試してみたいですよね。

特に私のようなセルフネイラーだと、一生懸命やったジェルネイルがあっという間にリフトすると相当ヘコむので〜!

またハンドクリームなど関係なく、もし手指に油分や水分を感じたら、ジェルネイルの前には必ずクリーナーなどでしっかり拭き取ってあげてくださいね。

ちょっとの手間でジェルネイルの持ちが良くなります!

関連記事&スポンサーリンク