ネイルが時短に!ビジューパーツを組み合わせてオリジナルパーツ完成

06/10/2019

ビジューパーツを使ったネイル4

ビジューパーツを1つずつネイルに置くのって、結構時間がかかってしまいます。

そんな時はビジューパーツの作り置きが便利ですよ!

コットンパール風やラメボールなどを作って、さらに組み合わせてしまえば、あっという間にビジューパーツの完成です。

今回は実際に作ってみたビジューパーツを紹介しながら説明していきます。

基本のビジューパーツの作り方は、こちらのページをを見てみてくださいね。

コットンパール風ビジューパーツ

手作りビジューパーツ4

こちらは、コットンパール風パール・ラメボール・カラーボール・ストーンを組み合わせたビジューパーツです。

ストーン以外、全て1つずつ手作りしたパーツをビルダージェルで1つのパーツとして完成させました。

すでにビルダージェルで1つのパーツとして完成させたので、これで作り置きパーツとなります。

ビジューパーツを使ったネイル4

爪のカーブにそぐうようにビジューパーツを作るコツは、ピンチ棒(またはジェルブラシのキャップなど)にアクリル板を巻き付けて、それをベースにしてパーツを組み合わせていきます。

ビジューパーツを使ったネイル2

アクリル板を巻き付けるのは、固めたビジューパーツを取れやすくするためです。

このひと手間で、ネイルの形に馴染んでしっかり固定できますよ!

ビジューネイルがすぐできる!

自爪に使うときはこのパーツをポンっと乗せるだけ♪

ビジューパーツを置きたいところの爪の上にクリアジェルを塗って、パーツを置いて硬化で完成です。

手作りビジューパーツ1

このビジューパーツを1つずつ乗せて硬化していくより、前もってパーツを用意しておくと、かなりの時短になりますよね〜!

他のビジューパーツも同じように乗せるだけ。

手作りビジューパーツ2

セルフでジェルネイルをする上で、時短で楽チンなのは助かりますよね!

ビジューパーツ作りも簡単で、好きな色や大きさでオリジナルパーツが作れるので、どんどん作っていますw

手作りビジューパーツ3

またセルフでネイラをする上でのデメリットとして、利き手のやりづらさがあります。

でもこういったパーツをうまく使えば、簡単にビジューネイルができるのも嬉しいですよね。

バレンタインの時に作ったトリュフのチョコレートから始まって、今ではこんなに盛り盛りパーツを楽しんでいますw

手作りビジューパーツ5

って、これはパーツを乗っけているだけですよー!

実際には全部の爪にビジューパーツを乗せる勇気はまだ無い・・・・・

ビジューパーツを楽しんだあとは、自分でオフする作業が必要になります。

私は初めて大きいパーツをオフしようと思ったときに、あれ?付けたもののどうやってオフするんだ?ってちょっと焦ったので、オフの方法も紹介しています。

ぜひこちらも参考にしてくださいね!

関連記事&スポンサーリンク