爪の形を整えて、もっとネイルデザインを楽しむ!

爪の形を整えて、もっとネイルデザインを楽しむ!1先日、久しぶりに自分のハンドネイルをスクエアオフにして、しばらく爪の形はスクエアにはまりそう!

爪の形は、基本5種類。みなさんはどれが好きですか?

 

スポンサーリンク

強度の強い順!爪の形とは

爪の形でどんな印象になるか、イメージしやすいように、実際の私の手のイラストに、それぞれの形を合わせてみました!

爪の強度は、強い順番に書いています(スクエア/強→ポイント/弱)

どの形もやったことがあるので、その形ごとの感想もまとめてみましたよ。

 

スクエア

爪の形を整えて、もっとネイルデザインを楽しむ!スクエアその名の通り、見た目が四角っぽい形です。
爪の先端を、根元に対して並行に、爪やすりで整えます。

爪のサイドの角が90度なので、体に当たるとちょっと痛かったり、タオルなどに引っかかりやすい傾向が・・・

丸みがない分、見た目はシャープでかっこいい雰囲気に。
クールでちょっとセレブな雰囲気にするならスクエア!

 

スクエアオフ

爪の形を整えて、もっとネイルデザインを楽しむ!スクエアオフ先ほどのスクエアの角に丸みをつけた形です。
爪の長さにもよると思いますが、久しぶりにスクエアの形にしてキーボードの打ちやすさに感動していますw

今までオーバルの形が多かったので、爪をカットしたての短い時はいいのですが、伸びてくると、キーボードを削っている感覚があり、実際削れてますw

海外では1番見かけるスクエアオフ!
特に欧米では、ファッションやメイクなど、ティーンエイジャーでも色気のある雰囲気の方が断トツに人気。

なのでスクエアほどのシャープ感はないけど、セクシーな感じで、かつ生活しやく強度もあるスクエアオフは支持率が高いです。

 

ラウンド

爪の形を整えて、もっとネイルデザインを楽しむ!ラウンド1番自然な形と言われている形が、このラウンドです。

爪切りでパチパチとカットするだけだと、オーバルほどの丸みがキレイに作れないので、ジェルネイルをしていない人や男性など、この形が多い気がしますね。

この次のオーバルと同様に、丸みがある形は、女性らしくかわいらしい手元になります。
日本では、万人受けする形かなと思いますね。

 

オーバル

爪の形を整えて、もっとネイルデザインを楽しむ!オーバルラウンドよりもさらに丸みのある形です。
ジェルネイルをしている人で、1番多い形だと思います。

私も実際ずっとオーバルの形でした。
ただ私はネイルベッドが長めなので、ショートネイルにし過ぎるとサイドに丸みを持たせるのができなく、ラウンドになりがちでしたけどね。

 

ポイント

爪の形を整えて、もっとネイルデザインを楽しむ!ポイント別名アーモンドとも呼ばれる、先端の尖った形です。
先端が細い分、強度が弱いのがデメリット。

爪の先を細長い形に整えるので、自爪でする場合はある程度の長さがないとできません。

強度も弱いので、スカルプやジェルスカルプなどで長さ出しをして、強度も強くして整えた方がよい形です。

スクエアとは違ったシャープさで、洗練されたゴージャスな雰囲気になります。

 

爪の形で、印象が変わる!

爪の形を整えて、もっとネイルデザインを楽しむ!2実は、スクエア、スクエア、ラウンド、オーバルの爪の長さはどれも同じ!

でも比べてみると、スクエアは爪も指も長く感じますよね?
先端の丸みの具合で、印象や雰囲気が変わるので、やりたいネイルデザインや目指したい雰囲気に合わせて、爪の長さも整えてみましょう!

ポイントだけ、長さが必要なため、他4種類より長めにイラストを書いています。

それもあって、ポイントの形の手のイラストは指が長く見えます。あしからずw

 

スクエアの形が支持される理由とは

ネイルサロンでは、おそらくラウンドやオーバルの形にすることが多いと思います。

ネイルサロンのインスタを見ていても、ほとんどのお客様が丸みのある形に仕上げてるように感じます。

そして、たまーにスクエア。それだけでなんとなくレア感がありますが、それでもスクエアにするには理由があるようです。

 

自爪を伸ばす

丸みのあるオーバルより、先端が平らなスクエアは強度が全然違います。

すぐ爪が割れたり、欠けたりするなら、スクエアの形に整えると強度が増すので、自爪を伸ばしたい人にはおすすめと言われています。

また爪をカットする時は、爪切りではなくファイルと言われる爪やすりを使って整えると、二枚爪防止にも。

 

巻き爪のフットネイルに

私の足のネイルは巻き爪で、爪が肉に食い込んで痛いことがありました。
食い込むからこそサイドを短く切っていたのですが、実はその方が食い込みやすいと!

プロのネイリストさんから、巻き爪にはスクエアがいいと聞いてからずっとスクエアにしています。

爪のサイドに、ある程度の長さを持たせて、食い込みを軽減させることで、以前よりも随分楽になりました。

 

ただし!ジェルの厚塗りに注意

ハンドにもフットにもOKなスクエアの形ですが、注意することが1つ!

それはジェルの厚塗りに注意です。

特にラメを使ったグラデーションなど、先端が分厚くなりがちなデザインや、先端から欠けるのを防ぎたいがために、先端を厚くしてしまうのは気をつけたい!

爪の先端だけが根元に比べて分厚くなると、逆台形のような形になってしまい、先端に向かって末広がりのような形になってしまいます。

せっかくスクエアだと指も爪も長く見えるのに、これでは台無し。

それだけ気をつけてスクエアの形を楽しんでくださいね!

 

<その他、オススメ記事はこちら♪>