ジェルネイルのグラデーションを、アイシャドウでするやり方

ジェルやマニキュアを使って、カラーのグラデーションを作るのは、色ムラができやすく、なかなか難しいもの・・・

どうしてもリキッドだと自然な濃淡が作りにくいのですが、パウダーならどうでしょうか?

 

スポンサーリンク

アイシャドウなら、グラデーションが簡単!

アイメイクに使うアイシャドウは、パウダーとチップを使えば、リキッドより簡単にグラデーションが作れますよね?

それを応用して、ネイルも簡単にグラデーションに!
今回は、ジェルネイルでのやり方です。

 

アイシャドウを用意する

 ジェルネイルのグラデーションを、アイシャドウでするやり方1

お気に入りのアイシャドウを落としてしまい、蓋が壊れて、アイシャドウは粉々に。
でも微妙に残っていてもったいないので、これをネイルに活用してみます。

 

使うジェルは3種類

 ジェルネイルのグラデーションを、アイシャドウでするやり方2

画像左から、ピールオフジェル、ベースジェル、ノンワイプのトップジェルです。
ピールオフの必要がなければ、ベースジェルとトップジェルだけでOK!

 

トップジェルまで仕上げる

 ジェルネイルのグラデーションを、アイシャドウでするやり方3

ベースジェルとトップジェルの間にアイシャドウを挟んでしまうと、ベタベタしてグラデーションにしにくいかなと思い、まずは、トップジェルまで仕上げます。

(1) プッシャーで押上げ
(2) ピールオフジェルを塗布
(3) ベースジェルを塗布、硬化
(4) トップジェルを塗布、硬化

ジェルの工程は、しっかり硬化してあげてください!
硬化不足だと、アイシャドウのパウダーが隙間(特にサイド)から入ってきてしまうので、気をつけてくださいね。

 

アイシャドウを取り、先端からチップで塗る

 ジェルネイルのグラデーションを、アイシャドウでするやり方4

ではグラデーションを開始!

チップで使いたいアイシャドウを取って、塗っていきます。
今回使った色は、最初のアイシャドウの画像の左下にある1番濃い茶色です。

やり方は、アイメイクと同じで、パウダーを重ねれば色が濃くなるので、まずは爪の半分くらいまで、さっと塗ります。

そしてもう1度アイシャドウを取って、先端から爪の1/3ほどまで塗って、色の濃淡を付けます。

爪先から根元に向かってチップを動かすと、グラデーションが付けやすいですよ!

この1回の工程で、ほぼグラデーション完成!
今のままのマットな仕上がりもいいですね〜

 

トップジェルを塗って、硬化する

 ジェルネイルのグラデーションを、アイシャドウでするやり方5

余分なアイシャドウをチップで落としたら、トップジェルを塗って硬化。

このグラデーションでOKと思う方は、これにて完成!
私はもう少し濃い茶色のグラデーションにしたいので、このあと、もう1回アイシャドウを塗りました。

 ジェルネイルのグラデーションを、アイシャドウでするやり方6

爪の先端が、さらに濃い茶色になっているのがわかりますか?

もちろん、先ほどの1回のパウダー塗りでの仕上がりもOKなので、あとは自分のグラデーションの好みで、何回アイシャドウを重ねるかを決めます。

なぜ数回にわけるかと言うと、ある程度のところでパウダーが乗らなくなります。
なので、トップジェルを塗って、もう1度パウダーが付くベースを作ってあげてから、パウダーを重ねるようにしました。

 

再度トップジェルを塗って硬化、完成!

 ジェルネイルのグラデーションを、アイシャドウでするやり方7

あっという間に、カラーグラデーションの完成です!

カラージェルでグラデーションを作ろうとすると、私は濃淡がキレイに出せなくて、何度も何度もジェル筆を動かしてしまうため、1本作るのに相当な時間がかかってしまいます。

でもアイシャドウを代用した、パウダーで作るグラデーションは本当に簡単。

しかも移動の多い私にとっては、メイク道具とジェルネイルが併用できるなんて、持ち物が少なくなるのでは?という淡い期待もw

意外とアイシャドウって、全部使い切れなかったり、買ったものの使いこなせなかったり・・・

でも捨てるのがもったいなくて、そのままだったりするので、ネイルで再活用してみませんか?

***
他にもいろんなアートのやり方をUPしています!
夏に向けて、フルーツ(レモン柄)ネイルアートのやり方ターコイズ柄のやり方大理石柄のやり方など

アートのやり方一覧はこちら

 

<その他、おすすめ記事はこちら>