幾何学(ジオメトリック)ネイルのやり方

幾何学(ジオメトリック)ネイルのやり方6

久しぶりにネイルアートのやり方シリーズです♪かなり前にUPしたドゥルージーネイルのやり方以来w

今回は、今私の中で旬なアイテム「ラインテープ」をどうしても使ってみたくて、前回UPした幾何学模様のネイルシールと同じデザインを試しにやってみました。

 

幾何学(ジオメトリック)ネイルのやり方

ベースにカラージェルを塗布して、硬化する

幾何学(ジオメトリック)ネイルのやり方1

参考にしたネイルシールと同様にベースは白で!ちなみに少し透けている黒は、チップを固定させる両面テープのせいです。

しかしこのネイルスタンド代わりに使っているフック、懐かしい(笑)なんかこう見ると黄ばんでいるな・・・まぁこの話はまた別の機会でw

 

ラインテープを切って、貼る

いきなり、むむむ!難しい!!!!!

まずラインテープを切る、しかも希望とする長さに合わせて切るって激ムズ。さらにそれをピンセットを使って、歪まないように貼るのも難しい。前途多難・・・・・

 

ラインテープで三角形を作る

ひぃ〜!ここまでの工程で大変だ・・・まず思っていたより三角形が小さくなってしまいました。ラインテープは長めに切ったけど、チップの上で長さを調節する際に切りすぎたらしい・・・

右下の角は何気に長さが足らなくなってしまい、つぎはぎです。拡大厳禁w

 

三角形の上に3本ラインを切って、貼る

ここへ来て、少し幾何学模様っぽくなってきました。たったこれだけの手順だけど、なかなか時間かかってます。

 

パールを乗せてトップジェルを塗って硬化、完成

このパール必要だったかな?と戸惑いながらも、一応参考にした幾何学模様のネイルシールと同じ仕上がりになりました!

もしかしたらパールじゃなくても、もう少し小さいサイズの丸ホロとかの方が合ったような気もします。(むしろパールいらなかったかな?w)

 

幾何学(ジオメトリック)ネイルのやり方6

まぁこれはこれで良しとしよう!ラインテープは、使い道に困っていて未だに自爪デビューができていないアイテムでした。しかもフレンチの境目に貼るくらいしかアイディアが浮かばなかったけど、こんな幾何学模様を作ることも可能なんですね♪

が、やっぱり結論は難しい!

次の出番はいつになるやら・・・・・(笑)

 

関連記事&スポンサーリンク