ジェルネイルに使える基本のストロークまとめ

最終更新日:2016/03/22 アートのやり方

今、私が練習しているのは、いろんなネイリストさんの作品でも見られるトールペインティングの「ストローク」という技法!まだまだキレイに描けないけど、基本のストローク技法についてまとめてみました。

 

これが出来るようになると、大好きなネイリストさんの1人である天白麻耶先生のような作品も夢じゃない?!

#painted #flower

maya_tempakuさん(@maya_tempaku)が投稿した写真 –

はぁ〜なんてお美しいのでしょう・・・

 

こんな風に描けるようになるにはジェルの特性(粘度や使う量)を理解して、筆使いの達人にならないとですね!

 

基本のストロークと、3つのポイント

まずは基本のストロークの技法をマスター!あとは使う筆が丸筆なのか平筆なのかで少し仕上がりが変わりますが、基本となる技法は「ベースストローク」「カンマストローク」「Sストローク」「Cストローク」の4つ。

どの技法でも大切となるポイントは、

  1. ジェルの量
  2. ジェル筆の角度
  3. 筆圧

 

特に1番の「ジェルの量」は、各メーカーのカラージェルによって粘度が違うので、使いやすいカラージェルをお探しください!ちなみに個人的には粘度の高いカラージェルより低い方が扱いやすいですね。

 

ベースストローク

ジェルネイルに使える基本のストロークまとめ1

スタート時は筆を45度に持ち、角度を付けた状態で点を打って矢印の方向に向かって、筆圧を弱くしながらラインを引きます。最後は筆先を持ち上げて、先端が尖るように仕上げます。

 

カンマストローク

ジェルネイルに使える基本のストロークまとめ2

ベースストロークのスタートと同じで、筆を斜めに持ちカーブを描きながら徐々に筆圧を弱くして、最後も同様に筆を持ち上げて先端を尖らせます。

 

Sストローク

ジェルネイルに使える基本のストロークまとめ4

筆圧は弱→強→弱の順で、アルファベットのS字を描きます。

 

Cストローク

ジェルネイルに使える基本のストロークまとめ3

Sストロークと同様で、弱→強→弱の筆圧でアルファベットのC字を描きます。どちらも共通で、真ん中が太くなるようにします。

 

この4つの技法がベースとなり、これを平筆で描くとSストロークとCストロークはほぼ同じような仕上がりになりますが、カンマストロークは始まりが点(丸みを帯びた先端)ではなくて、平筆の筆幅の真っ直ぐなラインになります。

 

平筆を使ってSストロークとカンマストロークを組み合わせると・・・?

ジェルネイルに使える基本のストロークまとめ6

 

なんと!

ジェルネイルに使える基本のストロークまとめ7

こうして葉っぱが描けます!なるほど〜!!

 

さらに葉脈や葉っぱの周りにラインを入れるだけで、より葉っぱらしくなりますね。

時間を見つけてコツコツ練習して、ストローク技法を使ったアートのチップをアップできるように頑張ります!

 

 

シェアする
 

スポンサーリンク



他にもこんな記事が読まれています♪

お花のネイルアート「パンジーのやり方」8

お花のネイルアート「パンジーのやり方」

まだまだトールペインティングの技法で書くネイルアートを練習しています!今日は春になると、あちこちで見

記事を読む

これなら簡単!雪の結晶ネイルの書き方

前回フットネイルをしてから1ヶ月半経つので、そろそろ新しいデザインにしなきゃ!やっぱり次は、チップで

記事を読む

春の花 チューリップネイルのやり方9

春の花 チューリップネイルのやり方〜トールペイント風ver〜|失敗編

すっかりハマっているローディング技法で描くグラデーションのネイルアート。今回は第6弾! 春も近

記事を読む

べっ甲ネイルのやり方

2014年秋は「べっ甲ネイル」が大流行中!やり方としては、マーブルに近い感じだと思います。これはぜひ

記事を読む

インディゴデニムネイルのやり方

昨日UPしたデニムシリーズの第一弾♪(⇒来年の流行アイテム「デニム」風ネイルアート) 今日はま

記事を読む

       
     
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

  • 自分でも自宅でジェルネイルを楽しみたいと思い、2012年からセルフネイラーになったMomoです。「セルフネイルブック」と称して、基本のテクニックから流行アートデザインのやり方などをまとめています。さらに詳しく⇒サイトについて

    お問い合わせフォーム

    にほんブログ村 美容ブログ セルフジェルネイルへ

    Instagram
PAGE TOP ↑