ヒョウ柄・レオパード柄ネイルのやり方!簡単で定番のアニマル柄に挑戦

22/09/2019

アニマル柄の中で定番なヒョウ柄・レオパード柄のやり方を公開!

ネイルアートの中では比較的簡単で、やりやすいアートだと思うので、自分で初めてジェルネイルをする人にもトライしやすい人気の柄です。

少ない工程でできるやり方なので、手書きアートが初めての人にも挑戦できるデザインですよ!

ヒョウ柄・レオパード柄の簡単なやり方

自爪にするときは、プレパレーションのあとにベースジェルを塗布して硬化をしてから始めてください。

また、ジェルをピールオフできるようにしたい人は、プレパレーションのあとにピールオフジェルを塗ってから始めてください。

プレパレーションのやり方
ベースジェルの塗り方
ピールオフジェルとは?

ベースカラーを塗って硬化する

ヒョウ柄・レオパード柄ネイルのやり方!簡単で定番のアニマル柄に挑戦2今回はベースは逆フレンチのデザインにしてみました。

もちろん好みに合わせて、全面塗り・フレンチ・ハーフフレンチなど、好きなベースのデザインにしてOKです。

ヒョウ柄の中の模様を描いて硬化する

ヒョウ柄・レオパード柄ネイルのやり方!簡単で定番のアニマル柄に挑戦3ベースに塗ったカラージェルの上に、ヒョウ柄を書いていきます。

ヒョウ柄の形は割適当でOK!丸・長丸・三角形など、特に決まりなく描いて硬化します。

それぞれの形は重なり合わないように書きます。

この後に、書いた柄の周りに縁を描いていくので、それが書けるほどの隙間さえあれば大丈夫!

大きさも好みのサイズでOK。大きめのヒョウ柄にしたければ大きく描き、小さく細かい仕上がりにしたければ、小さめに描きます。

むしろきっちり形を書かない方が、自然なヒョウ柄になると思いますよ!

縁を描いて硬化して完成!簡単〜!

ヒョウ柄・レオパード柄ネイルのやり方!簡単で定番のアニマル柄に挑戦4先ほど書いた、丸や三角の周りに縁を書いていきます。

細いアート筆で、途切れ途切れに囲んでいきます。ラインは強弱ができるように描くと、ヒョウ柄らしくなりますよ!

ラインの始まりと終わりが先細りになっているようなイメージです。

縁は、だいたい2〜3本のラインで囲みます。もうこれでヒョウ柄の完成!

好みでヒョウ柄の隙間にドットを描く

ヒョウ柄・レオパード柄ネイルのやり方!簡単で定番のアニマル柄に挑戦5ヒョウ柄の柄と柄の間に小さなドットを描くと、より細やかなヒョウ柄になります。

これは好みなので、もちろんドットなしで仕上げる1つ前の工程で終わらせるやり方でもOKです!

今回はベースを逆フレンチにしたので、フレンチラインをゴールドラメで仕上げました。

ヒョウ柄との相性もバッチリ!

ヒョウ柄を描く時は、今回使ったブラウンベースのカラージェルが定番として使われますが、ピンク系にしたり、中の柄を青や黄色などのカラフルなカラージェルを使って仕上げるのもカワイイですよ。

また全部の指をヒョウ柄にするのに抵抗がある人は、1本だけでアクセントにしたネイルデザインだと取り入れやすいです。

1本だけヒョウ柄のアートにし、他の爪はヒョウ柄のベースカラーで使ったカラージェル(ここでは逆フレンチで使用したベージュ)でシンプルに1色仕上げにしたり、ボルドーやオレンジなどと組み合わせると取り入れやすいかも!

少ない工程で簡単に書けるヒョウ柄なので、ぜひトレンドのアニマル柄をネイルに取り入れてみてくださいね。

関連記事&スポンサーリンク