ワックスバーネイルのやり方

23/04/2018

キャンドルネイルと同じようなマットな仕上がりがかわいい、ワックスバーネイルをやってみました♪

ちなみにワックスバーとは、キャンドルと同じくロウでできているものですが、火を灯さないタイプのことをワックスバーといいます。

これにドライフラワーやアロマオイルなどを足して作ったものをアロマワックスバーと言い、クローゼットにぶら下げたり、トイレの消臭剤として使われていますが、とにかくオシャレ♡
ネイルにしてもかわいいと思うので、アートにしてみました!

 

スポンサーリンク

ワックスバーネイルのやり方

ベースに白のカラージェルを塗って、硬化する

ワックスバーネイルのやり方1

色があってもカワイイと思うのですが、今回はシンプルに白で作ってみます!

 

埋め込みたいアートを乗せる

2ワックスバーネイルのやり方2

本物のアロマワックスバーのようにドライフラワーを入れたいところですが、持っていないので手元にあるパンジーシール(また登場w)を代用しました。お花と葉っぱだけだとさみしいので、筆記体のフォントシールも入れてみました!

 

シアーな白のカラージェルを作る

ワックスバーネイルのやり方3

ロウで埋め込んだような仕上がりにするために、先ほどのアートをシアーな白のカラージェルで埋め込みます。私はシアーな白のカラージェルを持っていないので、白(これはアイボリーに近い)とクリアジェルを混ぜて作ります。

4ワックスバーネイルのやり方4

こんな感じで透け感のある白いカラージェルを作ります。

ちなみに、使っているパレットは前回ご紹介したものです!初めて実戦で使ってみましたが、とっても使いやすいです♡(過去記事⇒ジェルネイルで色を混ぜる時に使うパレット

 

シアーな白のカラージェルを上から重ねて、硬化する

ワックスバーネイルのやり方5

使ったパンジーシールが劣化のため剥がすのが大変で(過去記事⇒ネイルシールの保管方法と劣化する話)、シールを剥がすときにシールの周りがかなり伸びてしまいました・・・そのせいで段差ができてしまったので、完全に埋め込むために、シアーな白のカラージェルは2回塗り重ねています。(写真はまだ1回目です)

使う白のカラージェルのシアー感によると思うのですが、目安としては下のアートが白がかるくらいがキャンドルっぽいですね!

 

マット仕上げにして、完成!

ワックスバーネイルのやり方6

マットにすると、ぐんとキャンドルっぽくなりました♪

 

ワックスバーネイルのやり方7

これ、本物のドライフラワーだったら、もっとかわいいんだろうな♡

 

ワックスバーネイルのやり方8

素朴な疑問だけど、シアーな白のカラージェルを作る時に、本物のアロマワックスバーを作るようにアロマオイルも混ぜたら、爪先から良いニオイするのかな?

今度試しにやってみるかな・・・・w

<その他、オススメ記事はこちら♪>