ドゥルージーネイルのやり方

11/04/2018

この夏にやりたくてウズウズしていた、ドゥルージー(天然石)ネイルをやってみました♪

松田ようこ先生の作品でこのドゥルージーネイルを見てから気になっていたところ、プチプラさんにてやり方が載っていたのですが、私は結局自己流のやり方でやってみましたよ(笑)

 

スポンサーリンク

ドゥルージーネイルのやり方

ベースにカラージェルを塗布して、硬化する

ドゥルージーネイルのやり方1

定番のホワイトベース!やっぱりアートが見やすいし映えるので♡ちなみに先生の作品も白(でもマット感あり)のベースで作られています♪

 

ドゥルージーの部分にカラージェルを塗布して、硬化する

ドゥルージーネイルのやり方2

今回はターコイズカラーのドゥルージーにしようと思います♪作りたいドゥルージーの大きさと仕上げたい色のカラージェルを使って、ドゥルージーストーンを置きたい場所に四角を描いて硬化します。別にひし形でなくてもokです!プチプラさんのやり方の名残ですねw

また画像はアウトラインだけですが、塗りつぶしてもどちらでもok!※この後の工程でひし形は全て塗りつぶされます

 

 

クラッシュシェルを乗せて、硬化する

ドゥルージーネイルのやり方3

先ほど描いたひし形の部分に、薄くクリアジェルを塗ってからクラッシュシェルを乗せます。この子たちがドゥルージーストーンの役割になります!ここで1度、硬化します。

 

ひし形に使った同じカラージェルで、クラッシュシェルを塗る

ドゥルージーネイルのやり方4

本当はターコイズカラーのシェルを持っていればいいのですが、私は白しか持っていないため、クラッシュシェルを塗ってみるという強行突破にw

そしたら意外といけました!ただあまりカラージェルを塗り過ぎると、シェルのならではの凹凸が平たくなってしまうので、あくまでシェルに色が付く程度に薄めに塗ります。

 

白のグリッターを重ねて、硬化する

ドゥルージーネイルのやり方5

より天然石っぽさを出すために、白のグリッターをさっと重ねてから硬化します。※この工程は好みで飛ばしてもokです

 

クリアジェルを塗布して、硬化する

ドゥルージーネイルのやり方6

グリッターでキラキラ感が出せたら、ここでクリアジェルを使って1つのパーツとして硬めてあげます。この工程ではシェルのデコボコをしっかりクリアジェルで包んであげて、手で触ってもドゥルージーの表面がガタガタしないようにしました!そうでないと、おそらく日常生活で色んなものを傷つけてしまいそうですね(苦笑)

2つ前の工程のカラージェルを塗布する時は、カラージェルを使うので使い過ぎると、せっかくのシェル埋もれてしまう可能性があるため、薄めに塗るのがコツです。

 

ゴールドのラメで囲んでトップジェルを塗布して硬化、完成!

ドゥルージーネイルのやり方7

使うラメジェルにもよると思いますが、私が使用したラメジェルだと少しか弱かったので、3度ほど重ねてラインに少し高さが出るようにしました。

 

ドゥルージーネイルのやり方8

できたー!今年の夏に大流行中の天然石のペンダント風です♡

 

ドゥルージーネイルのやり方9

かわいいけど簡単で、既製品のパーツにはない不規則な天然石がナチュラルですごく素敵♪ドゥルージーの部分に使ったクラッシュシェルは白しか持っていなかったけど、こうやって着色できると分かったので、いろいろと応用が利きそうですよ♡

ちなみに使ったクラッシュシェルはこちら。

ドゥルージーネイルのやり方10

ね?

松田ようこ先生の作品みたいに、オレンジやピンクなどのドゥルージーもかわいく仕上がりそうです♡

【グレースガーデン】クラッシュシェル97円の詳細はこちら

 

<その他、オススメ記事はこちら♪>