新しいカラージェルを使って、アーガイル柄の手順

04/03/2016

この前購入したGLOCCYのカラージェルを使って、アーガイル柄のチップを作ってみました。実際に爪にする場合は、爪が小さいため、私は大きいアーガイル柄が好きです!やり方も簡単で、でも手の混んだアートに見えるのでオススメですよ〜♪

 

自爪にする場合は、プレパレーションとベースジェルを塗ってから始めてくださいね。

参考記事⇒プレパレーションのやり方ベースジェルの塗り方

 

ベースカラーを塗って、硬化

071014セルフジェルネイルアーガイル柄のやり方01

色は「クリーム」です。名前から想像していたより、ややピンクがかっています。やっぱりGLOCCYはサラサラしたテクスチャーなので、べた塗りがしやすいです。今回は3度塗りしてみました。

 

爪の中央から三角形を描いて、硬化

071014セルフジェルネイルアーガイル柄のやり方02

この色は「マカロンピンク」!かわいい色です♡平筆を使って、三角形を描きます。クリーム同様、薄い色は色ムラが出やすいので、こちらも2度塗りしています。

 

反対側にも三角形を描いて、硬化

071014セルフジェルネイルアーガイル柄のやり方03

先ほど描いたピンクの三角形と左右対称になるように、もう1つ三角形を描きます。色は「アッシュモカ」。アッシュという名だけあって、ブラウンよりのグレーと言った色でしょうか。もちろん最初に描いたピンクの三角形と同じ色でもOKです。

ここまでの工程は、すべて「平筆」を使って行いました。

 

ラメラインを描いて、硬化

071014セルフジェルネイルアーガイル柄のやり方04

ライン用の筆に持ち替えて、三角形の辺と平行になるように、ラメでラインを描きます。まずは写真の2本のラインを引いて、1度硬化します。それからそのラインに垂直に交差するようにラインを引きます。ラメラインが十字に交差する時、硬化していないと、ラメラインが引っ張られてしまうことがあるので、ラインが交わる前に硬化しておくことをオススメします。

 

アーガイル柄の完成!

071014セルフジェルネイルアーガイル柄のやり方05

最後にトップジェルを塗って硬化したら、コットンにエタノールを含ませて、未硬化ジェルを拭き取り完成です。

 

 

<その他、オススメ記事はこちら♪>