夏のネイルデザインに使えるヤシの木の描き方

夏のネイルデザインに使えるヤシの木の描き方

今はネイルシールがかなり充実してきたので、なかなか手書きで書く機会のなくなったアート。

こちら旧ブログよりリバイバルシリーズ第5弾ということで、ヤシの木の描き方です。

ジェルネイルで描くヤシの木のやり方

手書きでアートを書く場合は、下のベースに塗ったカラージェルに未硬化ジェルが残っていると、ジェルが流れてしまう可能性があります。

クリーナーなどで未硬化ジェルを拭き取ってから始めるか、未硬化ジェルの残らないトップジェルを塗ってから始めます。

夏のネイルデザインに使えるヤシの木の描き方

ヤシの木の書く順番が大切

いろんな方向からヤシの木を書いてみましたが、私は以下のやり方が1番バランスが取りやすく、書きやすかったです。

ヤシの木の幹を書く

根元は少し太めにして強弱を付けると、よりリアルなヤシの木の感じが出せます。もしジェルが流れてしまい、太さがかわりそうだったら、ここで仮硬化してもOK。

葉っぱの茎を5本書く

なるべく放射状に伸びるように茎を書きます。そしてそれぞれに葉を足します。

好みで葉っぱの根元にココナッツの実を描いてもいいですね!

トップジェルを塗布して硬化、完成!

上手に書けるようになれば、実はネイルシールと変わらない早さで書けるアートだと思います。

手書きだと自分の書きたい大きさや使いたいカラーで描けるので、それがネイルシールよりいいところだと思います!

ヤシの木アートは、夏だけでなくハワイや沖縄などのリゾート地への旅行にも合うネイルデザインだと思うので、覚えておきたいアートですね♪

関連記事&スポンサーリンク