全て手書き!メタリックシルバーとターコイズのコンチョネイルのやり方

先日やっと手元に届いたメタリックシルバー(過去記事⇒今度こそメタリックシルバーを使いこなしたい!お買い物マラソンで再購入)を使って、シルバーアクセサリーのコンチョを書いてみました!

 

スポンサーリンク

コンチョネイルのやり方

使うのはメタリックシルバーと、黒色、ターコイズ色のカラージェル

メタリックシルバーとターコイズのコンチョネイルのやり方1

コンチョとは銀製品の装飾ボタンという意味で、インディアンジュエリーなどでよく見られます。

この銀の部分を、写真のメタリックカラージェルを使って書いていきます。見た目は普通のカラージェルと変わらない容器。開けてみると・・・

 

メタリックシルバーとターコイズのコンチョネイルのやり方2

キラーン!

鏡の如く輝くメタリックシルバーです。すごく柔らかいテクスチャーなのが特徴です。

 

黒のカラージェルで土台を書いて、硬化する

メタリックシルバーとターコイズのコンチョネイルのやり方3

コンチョの土台となる部分を黒色のカラージェルで描きます。

今回はネイル工房さんのシロパケシリーズの黒を使いましたが、なかなか発色してくれなかったので4〜5度塗りしました・・・

 

メタリックシルバーで一回り小さい楕円形を描いて、硬化する

メタリックシルバーとターコイズのコンチョネイルのやり方4

メタリックシルバーを使って、先ほど書いた黒の土台より一回り小さい楕円形を描きます。

ここからは立体的に仕上げていきたいので、高さが出るまで、線を描く&硬化を繰り返していきます。

先述したようにメタリックシルバーのカラージェルはとても柔らかいです。細い線に仕上げたくても、時間と共にどんどんジェルが流れて線が太くなっていくので、ここは時間との勝負!

 

ターコイズのカラージェルで楕円を描いて、硬化する

メタリックシルバーとターコイズのコンチョネイルのやり方5

コンチョの中心に置くターコイズストーンを作っていきます。こちらも高さを出したいので、カラージェルを塗る&硬化を繰り返します。

 

ターコイズ柄を描いて、硬化する

5全て手書き!メタリックシルバーとターコイズのコンチョネイルのやり方5

黒のカラージェルで、先ほど書いたターコイズの楕円形の中にヒビを描いてターコイズ柄に仕上げます。

ターコイズの書き方は、以前UPしたジェルで描く「ターコイズ柄」天然石ネイルのやり方が参考になると思います!

 

銀の装飾を描き、硬化する

全て手書き!メタリックシルバーとターコイズのコンチョネイルのやり方7

最後に、黒の土台の端ギリギリまでメタリックシルバーのカラージェルを使って、ドットやラインを描きます。

装飾デザインは、実際のシルバーアクセサリーを参考に上下にドット5つずつ、左右にドット3つずつ、空いた部分(時計で表現すると1〜2時、4〜5時、7〜8時、10〜11時)に線を引きました。

 

全て手書きでコンチョの完成!

全て手書き!メタリックシルバーとターコイズのコンチョネイルのやり方8

できました♪

メタリックシルバーがとても柔らかいジェルなので、細かい部分のアートがなかなか難しい!

このコンチョ、写真だとサイズ感がわかりにくいと思いますが、横6mm×高さ8mmくらいの大きさです。

 

全て手書き!メタリックシルバーとターコイズのコンチョネイルのやり方9

ジェルが柔らかいテクスチャーなので、5秒ごとくらいに仮硬化しながら仕上げました。

完成写真の1枚目はトップジェル無しで、2枚目はトップジェル有りの状態です。

せっかく本物のコンチョのように立体的に仕上げたけど、トップジェルをかけると立体感がなくなるかなと気になりましたが、薄めに塗ってあげれば問題ないようです。

 

本日使ったメタリックシルバーのカラージェルを初めて購入した時は、ジェルが柔らかすぎてうまくジェルが使いこなせなくて、プロのネイリストの友達にあげました。

それ以来に触りましたが、今回はコンチョを書くことに成功!きっと当時持っていなかった筆とLEDライトのおかげ?w

使った筆については、また次回詳しくレビューしますね♪

今回使ったメタリックカラーのジェルの詳細はこちら⇒ネイルスタイル/メタリックシルバーのカラージェル 500円

他にゴールドやローズゴールドもあって、どれも欲しくなります!w

 

<その他、オススメ記事はこちら♪>