フットネイルはラメでド派手に!ラメを埋め込むやり方と隙間の埋め方

04/06/2020

フットネイルはラメでド派手に!ラメを埋め込むやり方と隙間の埋め方5

フットネイルだけは自由に楽しみたい!

ハンドネイルはお仕事の都合などで自由に楽しめないことも多いですが、フットネイルならもっとデザインの幅を広げられますよね。

手元には抵抗のあるカラーもフットネイルなら挑戦しやすいはず。むしろフットネイルは存在感のあるカラーやデザインがおすすめです!

今回は蛍光ピンクのラメを使ったド派手なフットネイルで、ラメの埋め込み方やをご紹介します。

フットネイルに使ったラメ

フットネイルはラメでド派手に!ラメを埋め込むやり方と隙間の埋め方1

今回はこのラメまたはラメグリッターと呼ばれるキラキラした粉のようなものを使います。

この12色ラメのセットは私がセルフでジェルネイルを始めたころに買ったもので、もう8年ほどになりますが未だに減らないw

写真じゃ分かりにくいですが、蛍光カラーのピンクを使います!

フットネイルはラメでド派手に!ラメを埋め込むやり方と隙間の埋め方3

ラメの使い方は、パラパラとアートのアクセントとして散らす使い方もありますが、今回はラメジェルとして使用します。

ホロを混ぜて隙間を埋める

フットネイルはラメでド派手に!ラメを埋め込むやり方と隙間の埋め方2

細かいラメだけだと隙間ができがちなので、さらに1mmのホロもミックスさせましょう!

フットネイルの場合、特に親指は面積が広いので、ラメにホロを足すことで塗りやすく、またラメだけでは出せない存在感を出せます。

フットネイルはラメでド派手に!ラメを埋め込むやり方と隙間の埋め方4

ちなみにラメだけでカラーリングする場合は、その細かい特性を活かしてグラデーションにするのが簡単です。


関連記事ラメグラデーションのやり方

ラメはクリアジェルと混ぜて使う

ラメやホロは散らして使う場合はそのまま乗せるだけでいいですが、全面ラメ仕上げにする場合は、クリアジェルと混ぜて「ラメジェル」を作りましょう!

割合は1:1を基本に作ります。ラメが少ないと、色が付かないわりにクリアジェルで爪に厚みが出てきてしまうので、気をつけてください。

フットネイルにラメを埋め込むやり方

フットネイルはラメでド派手に!ラメを埋め込むやり方と隙間の埋め方5

ラメとクリアジェルを混ぜて作ったラメジェルをカラージェルと同様に塗っていきます。

ホロを入れているので厚みが出てきますが、まずは気にせず塗ります。

隙間がなくなるまでラメが塗れたら硬化して、爪の表面をチェックしましょう!

POINT!表面がボコボコしている場合は、ファイルで削ってOK!

ファイル180グリッドを使って表面を削り、必ず平らにしてからトップジェルで仕上げます。

クリアジェルを混ぜたラメやホロは意外と固いので、引っかかりを防ぐためにも必ずチェックしましょう!

これはフットネイルに限らず、ハンドネイルの場合も大切ですね。

トップジェルを塗る前は、しっかりダスト(削ってできた削りかす)をはらってください。

ラメとホロのド派手フットネイルの完成です!

フットネイルはラメでド派手に!ラメを埋め込むやり方と隙間の埋め方6

ラメやホロだけでなく、クラッシュホロやシェルなどを使う場合も表面を削って大丈夫なので、その他のネイルパーツにも応用してみてください。


関連記事クラッシュホロで作るオーロラネイルのやり方

素足になる夏はもちろん、冬はタイツから透けて見えるフットネイルが素敵じゃないですか〜?

そうそう、爪の表面にボコボコがあるとタイツなども引っかかってしまう可能性があるので、フットネイルを楽しむときは必ず表面を平らにしてくださいね。

ネイルパーツなどもしっかり埋め込むのがオススメです!

フットネイルをセルフでプロ級に仕上げるコツ

セルフでフットネイルを上手に仕上げるテクニックを別記事でまとめています。

こっちもぜひ読んでみてね!


関連記事フットネイルをセルフでプロ級に!ネイリストから学ぶ極上テクニック