セリアのジェルネイルってどうなの?色やニオイなど気になる点を徹底検証

セリアのジェルネイルってどうなの?色やニオイなど気になる点を徹底検証

100円ショップでおなじみのセリアでは、2018年からジェルネイルの発売を開始しました。

一時期、人気すぎて店頭から姿を消したほどのセリアのジェルネイル。

果たして100円のジェルネイルの実力はいかほどなのか、セルフネイル歴7年の私が徹底検証!

本音でメリット・デメリットをまとめています。

これからセリアのジェルネイルを使ってみたい人、初セルフネイルをセリアのジェルネイルで始めたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

セリアのジェルネイルは使えるのか?5つの気になることを検証

セリアのジェルネイルパッケージ

爆発的な人気となったセリアのジェルネイル。

2019年秋現在、100円ショップでジェルネイルが買えるのはセリアのみです。

これだけ売れるということは需要があるわけだから、いずれはダイソーやキャンドゥでも販売されるかもしれませんね〜

ただーし!

気になるのはそのジェルネイルのクオリティですよ!

コストパフォーマンスは文句なしの100円ですが、実際に使ってみてどうなのか私がジェルネイルをする上で重きを置く5つの点から検証していきます。

発色の良さ

セリアのジェルネイルの白色

現在セリアで発売されているジェルネイルの色の数は16色と言われています。

毎年5色ほど新しい色が発売されているので、これは増える可能性大だと思います。

今回、私が検証用に購入した色は「白」です!

白のカラージェルは、発色や塗りやすさなどが顕著に出るカラーなので、白色を使ってじっくり検証しました。

セリアのジェルネイルの発色

発色はとても良いです。白のカラージェルにありがちな黄ばみもありません。

1度塗りでもしっかり色がつきます。

ただしやっぱり白!1度塗りでは少し色にムラが出てしまいます。

チップの白色は3度塗りほどしている状態です。2度塗りでも大丈夫そうですが、キレイに仕上げたい場合は3度塗りがキレイになりますね。

【発色】★★★★★
【色ムラ】★★★☆☆

ニオイ

はっきり言います。結構ニオイます。

なんでしょう?自分が持っているジェルネイルには無いニオイ?

塗料のようなニオイがしたので、個人的には苦手なニオイです。

お部屋を閉め切ったままだとニオイが充満しそうだったので、要換気ですね。

【ニオイ】★☆☆☆☆

ハケ

ハケは小さめです。というのかボトル自体が小さめ。

マニキュアと同じで、ボトルキャップの中にハケがついているので、それで塗るのですが、キャップも短めなので少し塗りにくいです。

そしてハケ自体も小さめ(細め)ですね。塗り心地は悪くないし、爪が小さい人には良いサイズだと思いました。

けどフットネイルの親指なんかはちょいと幅の狭いハケといった印象ですね。

【ハケ/塗り心地】★★★☆☆

粘度

粘度に関しては緩くも硬くもない、真ん中って感じです。

程よい粘度があるので、セルフレベリング(表面張力でジェルが平らになること、ハケ跡が消える)もあります。

決して柔らかいジェルではないので、爪に塗ったあとは少し時間を置いて、表面が平らになってからLEDライトで硬化してあげましょう。

【粘度/セルフレベリング】★★★☆☆

硬化時間

セリアのジェルネイル使い方

この商品の使い方説明書には、硬化時間LEDライト1分と記載されていますが、私が持っている9WのLEDライトだと30秒で硬化しました。

おそらく1分硬化時間がかかるのは、ペン型ライトのような1Wくらいのワット数の低いLEDライトかもしれませんね。

セリアのジェルネイル総合評価

以上の5つの項目「発色・ニオイ・ハケ・粘度・硬化時間」で検証した結果、セリアのジェルネイルの総合評価は・・・

【総合評価】★☆☆☆☆

申し訳ないです!汗

他の色を追加で買ったり、白のカラージェルをリピートすることはないと思います。

でもこれが本音!

セリアのジェルネイル「メリット」編

もちろんセリアのジェルネイルならではのメリットも感じました。

  • ボトルタイプ(ジェルブラシが必要ない)
  • すぐ手に入る※セリアの店頭にあれば(ネット通販だと手元に届くまで早くても翌日)

<ボトルタイプについて>

私がセルフでジェルネイルを始めたことは、そこまでボトルタイプになったジェルネイルはありませんでした。

ジェルブラシの必要がないということは片付けの手間がなくなり、それだけで大幅な時短になります。

最近ではボトルタイプのジェルネイルがどんどん増えてきているので、ボトルタイプはマストになる時代も来るかもしれません。

<すぐ手に入ることについて>

ネイルってヘアと同じで、割と思い立ったが吉日ですぐ取りかかりたいもの。

ネット通販でネイルグッズを頼むと、どうしても時差が発生してしまいます。

そういった点からすぐにジェルネイルが買えるのは、セルフネイラーとしてはうれしいポイント。

ただし、その他にLEDライト、ベースジェル、トップジェルの3点は最低限の必要アイテムとなります。

セリアのジェルネイル「デメリット」編

私はセルフジェルネイル初心者の方には、特にこのセリアのジェルネイルはおすすめしないですね。

  • キャップが短い
  • 容量が少ない

セリアのジェルネイル比較

私が持っている他のボトルタイプのジェルと比べてみてください。

セリアのジェルネイルのキャップが、断トツ短いので塗りにくいです。もうこれに尽きます。

これは私の手が大きいって問題もあるかもしれませんが・・・あと爪が長い人も短いキャップは持ちにくいと思います。

ジェルが塗りにくいって致命的だと思うのです。

またこのカラージェル以外にもベースジェルとトップジェルが必要となるのでワンカラーと言えど最低3点のアイテム=300円(税抜)がコスト。

1本100円のカラージェルは安いけど、容量を考えるとそこまでかなぁ。

ちなみにカラーの選択は不可ですが、1本29円というカラージェルもあったりしますからね〜

キャップ比較の写真の1番左と左から2番目のカラージェルは、ベースジェルとトップジェル不要で、さらにはピールオフ(ぺりっと剥がせること)ができるジェル。

ジェルネイルのオフは意外と面倒なので、特に初心者の方ならピールオフでぺりっと剥がせるジェルをオススメしますね。

ということで。

せっかく試してみてセリアのジェルネイルでしたが、私はリピートなしという結論に至りました。

これからセルフでジェルネイルを始めようと思っている人なら、先ほどのベースジェル&トップジェル不要でピールオフもできるPgelがオススメ!(1番左の楽ジェルは廃盤)

Pgelも詳しいレビューを書いているので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

またセリアのジェルネイルを試してみたい初心者の人は、ジェルネイルはマニキュアのように簡単にオフできないので、オフのやり方を知っておくことをオススメします。

あとは自分の好みや予算などでお好きなものを組み合わせて、自分にとってのベストなジェルネイルキットを見つけてくださいね。

関連記事&スポンサーリンク