タイツネイルのやり方

04/03/2016

前回の裸ネイルのまま、ハロウィンに向けてどんなネイルしよーって悩んでますw

なんだか黒を使いたい気分なので、前からやってみたかった「タイツネイル」とか「パンストネイル」とか「ストッキング風ネイル」などの呼び方のあるシースルーなネイルのやり方をまとめてみましたー!

ここではタイツネイルで統一しますね♡

 

スポンサーリンク

タイツネイルのやり方

クリアと黒のカラージェルを混ぜて、シアーなカラージェルを作る

タイツネイルのやり方1

もしシアーな黒いカラージェルをお持ちでしたら、もちろんそれでOK!私は持っていないので、クリアと混ぜて薄い黒色を作りました。ただこれも使うカラージェルによると思いましたが、もし粘度の低いカラージェルならクリアを混ぜる必要はないと思います。私が今回使った黒のジェルはかなり粘度が高いため、クリアで伸ばして使いました。

 

作ったシアーな黒のカラージェルを塗布して、硬化する

タイツネイルのやり方2

透ける黒ということで、なんだかこれだけでセクシーな雰囲気♡

 

先端を黒く塗り、硬化する

タイツネイルのやり方3

なんだか中途半端な厚さにしてしまった・・・(苦笑)

私は黒い部分がある方がデザインが締まると思うので、フレンチの部分を黒くしたり逆フレンチにしたり、爪の周りを黒で囲んであげる方がいいと思います。

 

ドット模様を入れて、硬化する

タイツネイルのやり方4

本当は、黒く塗りつぶした部分から根元に向けて2本ほどボーダーを入れるつもりで、黒のフレンチ部分をこの厚さにしたんですよねー

それでストラップシューズを履いてるようにしたかったのですが、予想以上に黒のカラージェルの粘度が高くて断念。ラインがうまく引けなかったため中途半端な厚さになっちゃいました〜汗

 

ラインとパーツを置いてトップジェルを塗布して硬化、完成!

タイツネイルのやり方5

よりセクシーな雰囲気を出すためにゴールドのラインとパーツを追加して仕上げました♡

 

タイツネイルのやり方6

でもなんかリボンのせいか・・・おパンティーみたいですよね(笑)

 

なんとなーくハロウィンでもいけそうなデザインだし、これならハロウィンが過ぎてもOKなので、自爪にしちゃおうかな!

 

<その他、オススメ記事はこちら♪>