リボンの3Dネイルの作り方|3Dジェルで作るキティーちゃん風リボン

10/10/2019

リボンの3Dネイルの作り方 工程その7

少し前に3Dジェルで作ったリボンをUPしましたが、嬉しいことに作り方を載せてほしいとリクエストをいただきました!

今回はそのリボンの作り方をご紹介します。

3Dジェルを使えば簡単に立体的なアートができるのでオススメ!

LEDライトで硬化するまで3Dジェルが固まらないのも扱いやすいので、特にセルフの方にはオススメのアイテムです。

リボンの3Dネイルの作り方

3Dジェルを初めて触る方は、3Dジェルで自由自在!セルフでも簡単ぷっくりかわいい立体アートにて、基本的な使い方から読んでみることをオススメします。

丸めた3Dジェルを置く

リボンの3Dネイルの作り方 工程その1リボンを作りたいところへ3Dジェルを置きます。

今置いたのは、左側のリボンになるので、右側にもリボンが来ることを想定して配置してくださいね。

筆で押しつぶすようにして3Dジェルを広げる

リボンの3Dネイルの作り方 工程その2リボンの縁を外して中央部分のみを押していくと、より立体感のあるリボンが作れますよ!

リボンの3Dネイルの作り方 工程その3丸の片側半分を集中的に押すようにして広げます。

そしてリボンの結び目になる部分は、先を尖らせるようにして形を整えます。

形が決まったら硬化します。

同じ作り方で反対側のリボンも作る

リボンの3Dネイルの作り方 工程その4同じように3Dジェルを置いて、筆で広げてリボンの形にします。

ちょっと見えにくいので、アングルを変えた写真がこちら。

リボンの3Dネイルの作り方 工程その5どちらのリボンもリボンの結び目に向かって、3Dジェルを先細りにして薄くなるようにします。

形を整えたら硬化します。

3Dジェルでリボンの結び目を作る

リボンの3Dネイルの作り方 工程その6もう一度オレンジウッドスティックで先ほどのリボンより少ない量で3Dジェルを取り、丸めて結び目に乗せたら硬化します。

トップジェルを塗って硬化したら3Dリボンの完成!

リボンの3Dネイルの作り方 工程その7キティーちゃんが付けているような、丸みがあってかわいい感じのリボンの完成です!

3Dジェルはライトで硬化するまで固まらないので、何度もやり直しが効くのがポイント!実際、このリボンをする時も1度やり直しましたw

やり直す場合は、筆ではなくオレンジウッドスティックで3Dジェルを取り、アルミの上でもう一度丸めてから使います。

キレイな丸を作らないと表面がガタガタした仕上がりになってしまうので、必ず丸めてからするのがオススメ。

それと爪の表面に残っている3Dジェルがあるので、一度表面を拭き取ってからするといいです!

他にもいろんな3Dネイルを作っています。ぜひ見てみてくださいね!

リボンに色を付けたい場合は、この上からカラージェルを塗ってもいいですし、3Dジェルは白以外にいろんな色の3Dジェルがあります。

今回使ったネイル工房の3Dジェル(今は改良して4Dジェル)は、24色も展開しています!

ぜひオススメをGETしてみてくださいね。550円というプチプラも魅力的なジェルです。

関連記事&スポンサーリンク