ジェルネイルの自作カラー混色表とメリット・デメリット

最終更新日:2018/06/14 ジェルネイルの工夫・豆知識

前回、デニムカラーの作り方という記事で、手持ちのカラージェルを混ぜてオリジナルカラーが作れることを書きましたが、今日はデニムカラーだけでなく、いろんな色の作り方をご紹介します。

基本となる5色だけで、さまざまな色を作ることができるので、その特性を知っておくとセルフでジェルネイルをするのにとても役立つと思いますよ!

実は色彩検定という資格を所持していて色を使ったお仕事をしてますので、色のことは得意なのです♡では行ってみましょう!

 

まずは基本の5色をおさらい

基本となるのは「赤(マゼンタ)」「青(シアン)」「黄」「白」「黒」の5色です。

極論を言ってしまえば、この5色があれば金や銀、蛍光や偏光色などの特別な色を除いて、ほとんどの色を作ることができます。

例えば、先ほどの5色のうちの「赤+青」を混ぜれば「紫」、「赤+黄」を混ぜれば「橙」といったように、色を組み合わせることで基本の5色にない新しい色を作れるのです。

 

下のカラーの組み合わせ表を見てもらうとわかると思うのですが、基本の5色の組み合わせによって「紫」「橙」「ピンク」「緑」「茶」などが作れるようになります!

ジェルネイルの自作カラー混色表とメリット・デメリット1

厳密に言うと、基本の5色のうちの赤はマゼンタと呼び赤味の強いピンク色で、青はシアンと呼び、実際には水色のようなやや緑みの明るい青ですが、ここではわかりやすく、それぞれ赤と青で表記しています。

なので本来の色の三原色「シアン・マゼンタ・イエロー」を混ぜると黒になるのですが、呼び名統一のため、ここでは混色表の最後「赤・青・黄」を混ぜると茶になると表記しています。

もっと詳しく知りたい方は、別記事へどうぞ⇒三原色でカラー作りが無限に!

 

赤と青のカラージェルで、紫を作ってみる

ここで実際に、赤と青のカラージェルを使って、オリジナルの紫の自作カラーを作ってみたいと思います!

用意するのは混ぜるカラージェルとパレット代わりにアルミホイル。そしてカラージェルを混ぜるスパチュラを準備します。

ジェルネイルの自作カラー混色表とメリット・デメリット2

ジェルネイルの自作カラー混色表とメリット・デメリット3

少し暗いので、さらに「白」を混ぜて、明度を明るくします。ここは好みや、作りたい色に合わせて調節してください。

ジェルネイルの自作カラー混色表とメリット・デメリット4

紫のカラージェルの完成!

もっと赤味の強い紫にしたい場合は、赤を朱色やマゼンタに変えると仕上がりが変わります。今回は表現をわかりやすくした混色表に合わせて、赤を使用しました。

さらに「白」を足して、明るい紫にしましたが、反対に「黒」を足せば、明度が低くなるので暗い紫が作れます。

基本の5色で作れる色で言えば「赤+白」で「ピンク」、「青+白」で「水色」、また「茶+白」で「ベージュ」といった感じですね。

カーキや茶色のカラージェルも、別ページで実際に作っていますので、ぜひ参考にしてみてください!

カーキや茶色のジェルカラーの作り方

 

基本の5色を持っていれば、いろんな色が作れるので、私は初めてセルフでジェルネイルをした時、この5色(赤、青、黄、白、黒)を買いましたよ〜!

それから少しずつ新しいカラージェルを購入するようになりましたが、使いたい色でも購入までせず自分でカラージェルを混ぜて作ったりもします。

なのでセルフ歴6年となった今でも持っている色は基本の色に、混ぜて作れるけどよく使うピンク、ベージュ、紫、緑、茶、そして基本の色で作れない蛍光カラーや偏光カラー、ラメ入りカラーなどです。

セルフでジェルネイルをし始めた頃は、ジェルが欲しくていろんな色を買ってみましたが、結局、断捨離して今は合計20色くらい所持しています。

 

自作カラーのメリットとデメリット

【メリット】

●少ないカラージェルでいろんなカラーが作れる

●自分好みの色の調整ができる

●必要な量だけ作れる

●物(在庫)が増えない

 

【デメリット】

●作りすぎてジェルが余ってしまった時

●使っている途中で足らなくなって、もう一度作らないといけない時

●色の配分を間違えて、前回と同じ色が作れない時

 

といった感じですね。でもデメリットの方は、慣れてくるとどれも改善できることなので最終的にはデメリットとは言えないかもです(笑)

セルフでジェルネイル初心者の方で、まずはお試し感覚でジェルネイルをしてみたい、どの色を買ったらいいかわからないという方は、まずこの基本の5色を買われるといいと思いますよー!

【公式】シャイニージェル これでカラー作りも無限に!三原色カラー五色セット

 

 

シェアする
 

スポンサーリンク



他にもこんな記事が読まれています♪

カラージェルの内蓋の開け方

カラージェルってメーカーによっては、内蓋(アルミ)が付いてますよね。特に私が愛用しているGLOCCY

記事を読む

ネイルチップの収納はどうしてますか?1

ネイルチップの収納はどうしてますか?

皆さん、こんにちはー!今日もお天気が良い空の下で、私、Momoがお送りしております♪ 週末パー

記事を読む

ネイルシールの保管方法と劣化する話1

ネイルシールの保管方法と劣化する話

忘れないうちにメモ! この前ハンドのジェルネイルに使ったパンジーシールですが(⇒Myネイル|ボ

記事を読む

ネイル道具を断捨離!4

ネイル道具を断捨離!

また日本に帰ってきているのですが、タイミングよくグレースガーデンさんでメール便送料無料キャンペーンを

記事を読む

くり抜きアートの型

少し前にシュガーネイルの応用アートをしてみましたが(過去記事⇒改・シュガーネイルアートのやり方)、そ

記事を読む

       
     
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

  • 自分でも自宅でジェルネイルを楽しみたいと思い、2012年からセルフネイラーになったMomoです。「セルフネイルブック」と称して、基本のテクニックから流行アートデザインのやり方などをまとめています。さらに詳しく⇒サイトについて

    お問い合わせフォーム

    にほんブログ村 美容ブログ セルフジェルネイルへ

    Instagram
PAGE TOP ↑