トップジェルの塗り方

14/06/2018

ベースジェルとカラージェルの塗布、そしてアートやパーツを置くなどジェルネイルのデザインが完成したら、最後にトップジェルを塗って完成です!

マニキュアの場合も最後にトップコートをすると思いますが、それと同じ工程となります。

 

ここまでの工程はこちら

ベースジェルの塗り方

カラージェルの塗り方

筆でトップジェルを取り、爪の中央に乗せる

051014トップジェルの塗り方01

ジェルの塗り方はベースジェルと同様で、中央から根元にジェルを伸ばして先端まで戻ってくるように塗ります。もちろんエッジ(爪の先端)の塗布も必ず!これをするとしないでは、ジェルの持ちが全然違います!

参考記事⇒ベースジェルの塗り方

 

ライトで硬化させる。拭き取りが必要なトップジェルの場合は、未硬化ジェル(固まりきらなかったジェル)を拭き取る

051014トップジェルの塗り方02

051014トップジェルの塗り方03

ノンワイプのトップジェルを使えば、この工程は必要ありません。

拭き取りが必要なトップジェルを使う場合は、最後にコットンやキッチンペーパーなどに、エタノールを含ませて拭き取ります。各ジェルメーカーからそのジェル専用の拭き取り用クリーナーが出ていますが、私はエタノールを代用しています。

ジェルによってはツヤがなくなり、曇ってしまうこともありますが、エタノールで今のところ曇ってしまうことはないですよ!

 

ジェルにツヤが出ない、表面が曇ってしまうのは?

051014トップジェルの塗り方04

表面が曇ってしまう原因として、未硬化ジェルの拭き取り方に問題があったりします。一度、未硬化ジェルを拭き取ったコットンにはそのジェルが付いているため、同じ面で何度もゴシゴシしているとジェルを広げてしまい、曇ってしまうことがあります。

まずは始めに一気に拭き取ってあげて、違う面を使って拭き取ってあげてみてくださいね。

 

あと考えられる原因はこちら

●トップジェルの塗布量が少ない、または多すぎる

●ライトの照射時間が短い

●ライトのワット数が低い

●ジェルとライトの相性が悪い

●ジェルが古く変質している

など色々考えられます。私も最初はツヤで出なくて悩みましたが、トップジェルの量を少なくしたら改善されました!

せっかくアートをキレイに頑張っても最後のトップジェルでツヤが出ないと台無しなので、ジェルの特性を良く知ることが大切だと思います。

 

最近では、ノーワイプ(ノンワイプ)トップジェルと言う、未硬化ジェルの拭き取りが必要のないトップジェルが出てきました。塗り方は同じで、最後の拭き取りが必要ないだけなので、私はこちらに切り替えました!

せっかく気合いを入れてカラーやアートをした後に、最後のトップジェルでツヤが出なくて曇ってしまうと本当にショック・・・なのでノーワイプのタイプのトップジェルをおすすめします!

私が使っているトップジェルはこちらです♪参考になれば♡

7つの項目で検証!ネイル工房のノンワイプトップジェル

 

<その他、オススメ記事はこちら♪>