フレンチネイルのやり方

18/09/2019

フレンチラインをキレイなカーブで書くのは難しいですが、歪んでしまったらコットンにリムーバーやエタノールを含ませて拭き取ればOK!

何度でも修正できるのがジェルネイルのいいところ!ゆっくり落ち着いて、キレイなラインを書いちゃいましょう♪

フレンチネイルのやり方

フレンチラインを描く

051014フレンチのやり方01

爪の白い部分とピンクの部分(肌がくっついているところ)のライン=イエローラインより、少し根元寄りの位置からストレートラインを引きます。

Point! 爪は1か月で3〜4mm伸びると言われています。またジェルネイルのお直しの周期は3週間〜1か月の方が多いと思うので、イエローラインギリギリにフレンチを作ってしまうと、お直しの頃にはイエローラインが出てしまい、キレイなフレンチにならないので、少し根元寄りに深めにフレンチを作ってあげるといいですよ!

 

ラインから爪先までを塗る

051014フレンチのやり方02

カラージェルを筆に取り、先ほど引いたラインから爪先まで塗ります。

 

反対側のラインを引く

051014フレンチのやり方03

最初と同様にイエローラインから少し根元寄りの位置からラインを引きます。ラインのスタート地点は、最初に書いたラインのスタートと同じところから始まるようにして、左右対称になるようにします。

 

同じようにラインから爪先までを塗る

051014フレンチのやり方04

 

ラインが交差する部分に丸みを出す

051014フレンチのやり方05

ラインが交差する部分から爪先に向かって、筆で丸みを出すようにジェルを塗ります。両サイドのラインがつながり、丸いラインが整ったら硬化。

 

フレンチネイルの完成!

051014フレンチのやり方06

もし発色が悪ければ、同じ工程でカラージェルを2度塗りしてください。重ねて塗ることで、最初に描いたフレンチラインからカラージェルがはみ出てしまった場合は、ジェルがついていた筆で拭き取るか、コットンにエタノールを含ませて拭き取ればOKです。

 

関連記事&スポンサーリンク