図解でわかる!桜アートのやり方

14/03/2016

最近ハマっている和柄ネイル。前回の梅アート椿アートに続き、今回は桜の書き方です!

筆でジェルをドラッグして描く描き方ですが、ドラッグアートができるようになればその他色んなアートの応用に使えますよ♪

 

ジェルで描く桜アートのやり方

ベースカラーを塗って、硬化する

241214セルフジェルネイル桜アートのやり方01

 

表面にクリアジェルを塗って硬化しないまま、5つのドットを描く

241214セルフジェルネイル桜アートのやり方02

アート筆に白のカラージェルをたっぷり取り、落とすように丸を書きます。ドットペンでもOK!ドラッグしやすいように、桜の花びらを描く下にクリアジェルを塗布しておくと良いですよ♪

もし粘度の柔らかいジェルを使用される場合は、どんどん滲んできてしまうのでクリアジェルの塗布は必要ないと思います。使うジェルの特性に合わせてくださいね。

 

花の中心に、ベースカラーと同じ色のドットを描く

241214セルフジェルネイル桜アートのやり方03

今回はベースカラーと同じ色を使いましたが、もっと濃い色や黄色などでもいいと思います!

 

花びらの外側から中心に向かって、ドラッグする

241214セルフジェルネイル桜アートのやり方04

ここからはイラストで!というのも、どんどんジェルが滲んでしまい、キレイに撮影できないので〜苦笑

それではイラストのように、花びらの外側から筆でドラッグしてきます。私はライン用の細筆を使用しました。

 

241214セルフジェルネイル桜アートのやり方05

ドラッグすると花びらが真っ二つになりますが、ジェルがじわっと滲んで図の様な形になります。柔らかいジェルだと、花びらの先の二股もまた閉じようとしてしまいますので、先だけ再度ドラッグしてもOKです。

 

241214セルフジェルネイル桜アートのやり方06

5枚全部、ささっとドラッグしてきます。全てできたら硬化します。

 

花の中心部を書いて硬化、完成!

241214セルフジェルネイル桜アートのやり方07

花びらの付け根辺りに、濃いめのピンク(ここでは小豆色を使用)で5つ小さなドットを書いて完成です!

 

241214セルフジェルネイル桜アートのやり方10

241214セルフジェルネイル桜アートのやり方09

花びらのみも追加して、動きのあるアートにしました。花びら1枚のみを描く時は、白のカラージェルのみを使用しています。

使用するジェルにもよりますが、ドラッグアートはスピードが大切!今回もテクスチャーが柔らかいことで有名なGLOCCYジェルを使用したため、どんどん滲んじゃいましたよ〜(苦笑)柔らかいジェルを使う場合は、やっぱり下にクリアジェルを塗る必要はなかったかもですねw

もう冬を越えて春っぽいデザインですが、色を変えればお正月デザインにも使えそうですね♪

 

今回はドラッグアート(筆でジェルを引っ張る方法)で描きましたが、トールペインティングで使われるローディング技法でのやり方も違う記事でアップしているので、参考になれば嬉しいです♡

個人的にはローディングで描く方が簡単です!

ジェルネイルで描く「桜のアート」のやり方

 

関連記事&スポンサーリンク