春のニットネイルにも使えるデザイン!毛糸玉みたいでほっこり可愛い

03/10/2019

冬の定番ネイルとなったニットネイル!

そのかわいいデザインを春にもまだまだ取り入れたい人のために、軽やかなニットネイルのバージョンを作ってみました。

定番のフィッシャーマンセーターのような特徴的な編み目があるニットではなく、シンプルな春ニットのデザインがモチーフ。

毛糸玉のようなラインだけで作るニットネイルなので、とても簡単にできるネイルデザインのやり方をご紹介します。

簡単デザイン!春のニットネイル

自爪にするときは、プレパレーションのあとにベースジェルを塗布して硬化をしてから始めてください。

また、ジェルをピールオフできるようにしたい人は、プレパレーションのあとにピールオフジェルを塗ってから始めてください。

プレパレーションのやり方
ベースジェルの塗り方
ピールオフジェルとは?

ベースとなるカラージェルを塗って硬化する

春のニットネイルに使えるデザイン工程その1

春らしい爽やかなデザインのニットにしたいので、白のカラージェルをベースにしてニットを作りたいと思います。

太めの流線を引いて硬化する

春のニットネイルに使えるデザイン工程その2

ちょっと見えにくいですが、上の画像でいうと右下から左上に向かって太めのラインを流れるように引いていきます。

このピンクの部分↓

春のニットネイルに使えるデザイン工程その2ガイド

幅4mm前後のラインになります。

ここで書いた太線はデザインのガイドとなるだけなので、あまり気にせずラフに仕上げてOKです!

先に書いた太い線の上に細い線を4本引いて硬化する

春のニットネイルに使えるデザイン工程その3

先ほど書いた太い線の上に、ニットの編み目となるラインを引いていきます。

細い線で4本入れましたが、太線の幅に合わせてラインの数は調整してください。

ここから定番のニットネイルと同様に凹凸を出していくので、ラインを引く&硬化を繰り返して、好みの凹凸ができるまで繰り返して下さい。

空いたスペースに縦線を引いて硬化する

春のニットネイルに使えるデザイン工程その4

まだ何もラインを引いてないスペースに、ストレートの線を引いてニットの編み目を作っていきます。

画像は縦線は1度引いた状態です。

縦線を重ねて硬化を繰り返して立体的にする

春のニットネイルに使えるデザイン工程その5

この工程も同様に、好みの凹凸ができるまでラインを引く&硬化を繰り返します。

この画像で縦線は3回ほど重ねた状態です。

マット仕上げにして春のニットネイルの完成!

春のニットネイルに使えるデザイン工程その6

できましたー!春ニットネイルの完成です♪

ラインアートの応用デザインなので、とても簡単にできるデザインでしたね。

春のニットネイルに使えるデザイン工程その7

実は自分が持っているニットのデザインを参考にしました。

先日久しぶりにニットネイルをして、なんだか新しいバージョンを作ってみたいな〜と思って、その日着ていた春用のニットからインスパイア。

春のニットネイルに使えるデザイン工程その8

定番のニットネイルと比べて、うんとシンプルなデザインです!

シンプルだけあって春だけでなく、サマーニット風で年中使えそうなデザインですね。薄いブルーとかもかわいい感じに仕上がりそう♪

定番のニットネイルのやり方は以前ご紹介しています。ぜひこちらもどうぞ!

関連記事ニットネイルのやり方|ジェルだけで描く立体的なアート

使用したジェルネイルや道具

春のニットネイルに使えるデザイン工程その9

各種道具の詳しいレビューや商品紹介はこちら

a. USB式LEDライト
b. グレースガーデン ベースジェル
c. ダイソー マットコート
d. ハルカネイル VIVEジェル

関連記事&スポンサーリンク