ネイルのアートに使えるダブルローディングというトールペイントの技法

05/10/2019

ダブルローディングのやり方2

前回、トールペイントの技法である基本のストロークのやり方をまとめましたが、今日は筆1本でグラデーションを作るテクニックのダブルローディングという技法を紹介します。

ダブルローディングは筆1本に2色のカラージェルまたは絵の具などを乗せるので、一筆で2色グラデーションのラインが引けるようになります。

もともとはトールペイントで使われる技法ですが、ネイルアートにも使える技法です。分かりやすいように図で解説してみました!

基本のストロークを知りたい人は、トールペイントの技法がネイルに使える!アートが豊かな表情になる方法を見てみてくださいね。

ダブルローディングをマスターしよう!

ダブルローディングとは、筆の筆先左右両側に1色ずつ取って、1度で2色の色が塗れる技法です。

だからこそ2色が自然に混ざり合うので、美しいカラーグラデーションを作ることができます。

使いたい2色のカラージェルを用意する

まず、パレットやアルミホイルなどに、ダブルローディングで使いたいカラージェル2色を出します。

筆先の両端に組み合わせたい2色のカラージェルをそれぞれ少しずつ取る

ダブルローディング1

それぞれ同じ量のジェルを左右に取り、筆先の真ん中当たりで2色がギリギリ重なるくらいにします。

このように左右両端の筆先(ダブル)を使う技法なので、ダブルローディングと呼ばれています。

筆先にカラージェルが付いた状態で1度ペーパーパレットなどの上で筆をならす

ペーパーパレットなどの上で、筆を数回をならして2色が混じり合ってキレイなグラデーションが出来たら準備OKです!

ダブルローディング2

グラデーションが引ける準備ができたら、筆に圧をかけすぎないように優しく引いてアートを描きます。

今回のように筆先の両端(ダブル)に色を付けることに対して、筆の左右に色を付けないで、片方だけ色を付ける技法をサイドローディングと呼びます。

もう片方はカラージェルなど何も付けないので、仕上がりは1色のカラーグラデーションができます。

ダブルローディングのコツ

このダブルローディングをジェルネイルのアートとして使用する場合のポイントは、

筆に取るカラージェルの量!
そして使用するカラージェルの粘度!

ではないでしょうか。

ジェルの粘度が高すぎると、2色がキレイに色が混ざり合わないのです。

セルフレベリングでカラージェルの表面がさっと平らになるくらい、柔らかめのジェルの方が個人的にはやりやすいですね。

ただ柔らかすぎると色が混ざったり、片方の色が反対側まで行ってしまったりと、これまたキレイに描けません・・・

もともとダブルローディングは絵の具で行なわれる技法なので、絵の具の粘度を目安にしてみるのもいいかもしれません。

あとは練習あるのみ!

ダブルローディングでできるようになるネイルアート

ダブルローディングは慣れるまで少しコツが必要ですが、できるようになるといろんなネイルアートへの応用もできます。

ダブルローディングを使ったネイルアートのやり方を紹介しているので、こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

色を変えたり、1色のサイドローディングで仕上げるなど、いろいろ試してみてください!

関連記事&スポンサーリンク